« やっぱりイタリア | Principale | トスカーナの休日は… »

30 gennaio 2005

念願のピエロに出会えた日

monterchi05_1 いよいよ、この旅のメインイベント。今日は、何が何でもモンテルキ&サンセポルクロへ行かねばならぬ。今回たった1週間しかないのにイタリアまでやって来たのは、この為なんだもの。いかし、アレッツォからのバスは極端に少ない。一体、行って帰って来ることは出来るのか?iの兄ちゃんも解らないというくらい少ない。タダでさえ少ないのに今日は土曜日ということで一層少なくなる。
 しかし、ここまで来て宿題に残すのは嫌だ。結局、8時45分発のアンギアーリ経由のバスで行くことにした。何とかなるだろう。平日はこれがモンテルキ経由らしいのだ。運転手に尋ねると、やっぱり le Villeから足はないという。タクシーもないらしい。歩いても10分だよとのこと。10分?モルト ヴィチーノやんけ?じゃ、歩こうと思ったら、運ちゃん「歩いて10分だよ。…3㎞くらいだし」。「えっ?3㎞?3㎞10分で歩けるか?」不安に思ったが、足がないなら歩くしかない。まあ、何とかなるだろう。そういう国だ。イタリアは。「着いたら教えてね」「le villeで良いの」「そう」バスは出発した。
05ville アレッツォを出て暫く行くとバスはどんどん山道を登って行く。そして、雪がどんどん深くなって行く。一面雪景色だ。le villeには9時25分に着いた。道沿いの何の変哲もない小さな村であった。確かにタクシーはなさそうなので、歩くことにした。100mも行くと道が二手に分かれる。左(真っ直ぐ)へ行くとアンギアーリ、右に曲がるとモンテルキになる。モンテルキまで3㎞。本当に10分で行けるのだろうか。雪が積もっており、歩くのが大変。車も結構走っているのでヒッチハイクでもしたい気分だ。
 なかなか人影も見ないが30分歩いたところでたまたまゴミ捨てに来たおっちゃんに尋ねたら、目的の美術館はここから1.5㎞先だという。まだ、半分しか来てないの〜?文化財の案内を示す茶色の看板を見つける度に期待するが、違うものだった。
 そこから20分歩いて、やっと、「museo Madona del parto」の茶色い看板を見つける。イタリア名物の立ち話をする暇な親父に尋ねると「心配要らないよ。俺が案内してやるよ」と言って一緒に歩き始めた。小さな村は知り合いだらけの様で、人に会う度に「このジャッポネーゼを案内してるんだ」と何故か自慢げ。しまいには「俺のマンマ」まで出て来る始末。「マンマはそこに住んでるんだ。俺はこの上の奥に住んでる。そこは奥さんの実家。もう亡くなったけどね」。この辺りはメディチ家と関係深い様で何やかんやと話してくれたが、さっぱり解らず、申し訳なかった。一応、解った振りして頷いておいたけど。「標識はこっちだけど、今日は雪で道が悪い。こっちから行った方が良い」と案内してくれた先に、見えて来ました。マドンナ デル パルト美術館。「そこだよ。俺の家はこっちなんだ。じゃあね。チャオ」と親父は消えて行った。
 le villeから1時間歩き続けて漸く辿り着いた念願の美術館。ああ、あの絵に会えるのかな。気になり続けていた「出産の聖母」。はやる心を押さえつつ受付で切符を買う。そして、「タクシーはないか?」と尋ねると受付の親父はタクシーを呼んでくれた。
piero01 入り口入ってすぐ右の部屋にその絵はあった。中に入ると電気がついた。この時の感激をどう表せば良いだろう。長年の夢だった。モンテルキが一体どこにあるのかも解らなかった。ついに積年の夢叶いこの絵に対面出来たのだ。ここにはこの絵が1枚あるだけ。その絵を見る為に遙々やって来たのだ。いつまでもここにこうしていたいが、20分後にはタクシーがやって来る。切符売り場の親父と話をしているうちにタクシーはやって来た。タクシーの運ちゃんは女性であった。この街にはタクシーは2台しかないらしい。自分と夫の2人だけと言っていた。美術館まで案内してくれた親父、受付の親父、タクシーの運ちゃん、田舎町の人達は本当に親切だ。ピエロの絵だけでなく、この人達のお陰で、モンテルキという村がとても好きになった。タクシーのお陰で、le villeを11時27分発のサンセポルクロ行きに乗ることが出来、昼前に到着した。市立美術館にもピエロ・デッラ・フランチェスカの貴重な絵がある。
 美術館を出た後、街の写真でも撮ろうと思ったが、またまた吹雪始め、とても呑気に写真を撮る気になれず。食事入ったレストランで13時45分の後は16時台までバスがないことに気付き、大慌てでバス停まで戻って来た。
 念願だったピエロ・デッラ・フランチェスカの絵と対面出来、今回の旅の目的は大方果たせた気がした。そして、夢の後はフィレンツェでブランド巡りという現実に戻るのであった。

※ ちなみに今日(1月29日)は母の命日。母が亡くなった日、私はヴェネツィアにいたのでした。

|

« やっぱりイタリア | Principale | トスカーナの休日は… »

Commenti

HANAさん、無事に帰って来ましたよ。
やっぱりモンテルキの村のことは心に残っています。飯村だったなあ。苦労して行った場所ってそれなりに心に残りますね。
ヴェネツィアのカルネヴァーレ、母が生きていたらとても喜んだと思います。何しろ、ヴェネツィア好き、お祭り好きでしたから。
今、父が行っています。丁度、私が帰国の為、ミラノからヘルシンキに入った頃、父は日本からチューリッヒに到着し、私がヘルシンキを出る時刻に、父はチューリッヒからヴェネツィアに向かったものと思われます。
本当にすれ違いです。

Scritto da: アトムズ | 04 febbraio 2005 a 01:22

アトムズさん、雪の中を歩いて行って念願の絵に出会うことができて良かったですね。それにしても3kmを10分って無理。すぐだから、ってその人の主観によるけど、疲れて寒いときにはとても長く感じると思います。でも心優しい村人達に会えたのもお母様のお陰かもしれません。旅行を中止して帰ってこられた時のことを思い出しました。

Scritto da: HANA | 01 febbraio 2005 a 22:34

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« やっぱりイタリア | Principale | トスカーナの休日は… »