« 我が家のアイドル | Principale | いかなごの釘煮 »

13 febbraio 2005

イノシシ

0501cinghiale 今日、三宮に買い物に行ったのだが、街角に見慣れた像が…。市営地下鉄三宮駅の西出口を出て、センター街の方へ歩いて行き、最初の信号を越えた、阪急とJRの高架下にそれはあった。今まで、何度もこの道を通っているのに、気付かなかった。それはフィレンツェにあるあのイノシシ像である。フィレンツェにあるのとあまりに似ているので良く見ると、やはり関係ある様なことがプレートに書かれていた。
 シニョーリア広場近くにひっそりと立つ知る人ぞ知るイノシシ。このイノシシを撫でるとフィレンツェを再訪出来るといういわれがある。トレビの泉に後ろ向きにコインを投げるとローマを再訪出来るとか、ピサのドゥオーモの扉に掘られたトカゲを触るとその年の内に結婚出来るとか、サンピエトロのペテロ像の足を撫でると体の悪いところが治る(だったかな?)とか、イタリアにはいろんないわれのものがある。フィレンツェのイノシシも、まあそのひとつだ。
 今から、10年前、戌年の年末にイタリアを訪れた私は、翌年が亥年だったので、ちょうど、年末に通天閣の上で、干支の交代行事があることを思い出し、「フィレンツェでもあるんだ」と思ったものだったが、よく考えたらイタリアに干支はないだろうと思い、この像がずっとここにあるものだと気付いたのであった(^_^;)。
 今日はデジカメを持っていなかったので、写真はフィレンツェのほんまもんです。これと同じ物が三宮にあったのです。
 ※昨日、高校時代の恩師の訃報を知った。ここ2年、年賀状が来なかったことがとても気になっており、一度、訪ねたいと思っていた。昨日、恩師の娘さんから昨年5月に、ご主人を亡くされたショックで5日後に亡くなったというお葉書を頂いた。私の高校は公立普通科では一番下の高校で、出来の良い学校ではなかった。そんな中でも優等生でない子を可愛がってくれた先生だった。私は不良ではないが、素行の良くない生徒であった。そんな私を良く可愛がってくれた。勉強よりも大切なことをたくさん教えてくれた先生だった。結局、いつからかお会いすることなくお亡くなりになってしまったことが残念でならない。親が亡くなった時ほど悲しかった。お彼岸になったら、先生に可愛がって貰った仲間と一緒にお参りに行きたいと思う。

|

« 我が家のアイドル | Principale | いかなごの釘煮 »

Commenti

ごんふくさん。こんにちは。
私達の高校は公立普通科では最下位の学校なので、
勉強は出来ませんでしたが、良い学校だったと思います。
亡くなられた先生も、素行の悪い生徒程良く可愛がってくれました。
出身中学は賢い学校で、上位3位くらいまでの高校に行けなかった者は、卒業後遊びに行っても歓迎されませんでしたが。
青春物に出て来る教師の様に、生徒を信じてくれる先生で、サッカーやラグビーではなかったけど、文化祭で画クラスで演劇をしてクラスをまとめてくれました。今でもみんなでひとつのものを作ったことは良い思い出になっています。

Scritto da: アトムズ | 21 febbraio 2005 a 17:11

写真のイノシシはなかなか愛嬌がありますね。
ところで高校の恩師の方が亡くなられたそうで、
お悔やみ申し上げます。
ほんとうにいい先生だったんですね。
わたしは自分のサイトにも少し書きましたが、
高校時代はあまり思い出したくありません。
「勉強さえできればそれでいい」といわんばかりの雰囲気があって、
わたしの担任などわたしの兄が第一志望校に落ちたことを知ると
あからさまにバカにした物言いをしました。
この教師のことは絶対に許せません。
ずっと慕える恩師を持てるというのは幸せだと思いますよ。

Scritto da: ごんふく | 20 febbraio 2005 a 20:45

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« 我が家のアイドル | Principale | いかなごの釘煮 »