« marzo 2005 | Principale | maggio 2005 »

aprile 2005

15 aprile 2005

陽春の1日

yakuno05_2 と、ある機関紙で京都の夜久野町というところにある枝垂れ桜を見に行くツアーのことが載っていた。こんなところに桜があるんだ。ちょっと興味を持ったので、行ってみることにした。餘部鉄橋を見に行きたいとかねてから思っていたので抱き合わせで出掛けることにした。あまり有名じゃないのか、インターネットにもなかなか出て来ないのだが、夜久野町平野というところにあるらしいので、ナビにセットして出掛けた。ナビがあると本当に便利である。ソメヨシノは散り始めているが、枝垂れ桜は7分咲きという感じで、満開までにはまだ日数を要しそうであった。それでも、濃いピンクのアーチは美しく、ここまで来た甲斐があったというものだ。
 昼前になったので、出石に寄って蕎麦でも食べようかと思ったが、せっかく日本海に行くのだから、海の幸を食べようと思い、出石は帰りに時間があったら寄ることにしてパス!結局、香住に出るまでの山間の道の駅で川の幸?になってしまったが、この道の駅がなかなか良かった。バックに山と川、文部省唱歌が流れる暖かく昔懐かしい雰囲気。焼きあまごのついた定食を頼んだがなかなか美味しかった。
amarube05_1 兵庫県の中北部は、この4月から村が統廃合されて新しく市になったところが多く、標識を見て実感する。
 さて、餘部鉄橋を撮るには折角だから列車を入れて撮りたいのだが、1〜2時間に1本しか通らない様で、まだ時間がありそうだったので、隣の鎧駅に寄って行く。この駅は海沿いの断崖に建っており、景色は抜群であった。鎧駅から国道に出て餘部に向かって走っていると、突然どでかい鉄の橋脚が現れた。餘部鉄橋だ。写真で見たのと同じで、ちょっと感動ものであった。橋脚の下から何枚か写真を撮り、駅に行こうとしたが、駅には車では行けない様だ。仕方なく橋脚の下に車を置いて歩いて登る。登って見ると、確かに背後は山にへばり付いており前は断崖というロケーションで道はなかった。駅の少し上に絶好の撮影ポイントがあり、三脚を据えて本格的に撮影する青年がいた。東京から桜を撮りに来ているとのこと。今日は岡山の醍醐桜を見て来たとのことで、明日は天橋立、その後、伊根へ行って、滋賀へ行って…。沖縄以外は全都道府県車で行ったことがあると言う強者であった。
amarube05_3 餘部を後にして、最後に但馬空港に寄った。いつも正午前にNHK天気予報で映っているので、一度、行ってみたいと思っていた。まあ、神戸空港の未来を見る為にも社会勉強に行ってみたのだが、何と午前1便、夕方1便、日に2便、いずれも伊丹行きしか飛んでないらしい。それで、1日、空港は機能しているのだから、人件費の無駄遣いに他ならない。これが神戸空港の未来の縮図なのだ。チェックインカウンターで暇そうにしているJALの地上職員に「1日2本しか飛んでないんですか?」と尋ねると「そうです」と笑顔で答えるので、「神戸空港もこうなるんですよねえ」と嫌みっぽく言うと、顔が引きつって答えに窮していた。
 400㎞以上のドライブ、この時期は至る所に桜並木があり、走っているだけでも楽しい1日であった。

| | Commenti (0)

13 aprile 2005

中国の思い出

kaseiti 中国はとても好きな国だった。20年くらい前、中国に結構はまっていた。中国には日本の昔が感じられ、懐かしさを覚えていた。マイツアーを組んで何度か中国へ行った。
 最初の旅行は上海−杭州−蘇州−上海。杭州から蘇州へ向かう路線は、1週間前に修学旅行中の高知の高校が乗った列車が衝突事故を起こした路線である。中国はスルーのガイドとその土地土地のガイドを付けなければ観光が出来ないことになっている。この時のスルーのガイドは2人いたが、ひとりは上海大学の学生で日本語がとても上手で、顔もとてもハンサムな青年であった。当時、中国で一番流行っていた歌を教えてくれて、列車の中でみんなで大合唱した。杭州の西湖の美しさ、蘇州の寒山寺の鐘、上海駅の人の多さ、玉仏寺など、とても新鮮だった。上海の街の暗さも1950年代の日本が感じられ懐かしかった。
 2度目は1週間で、上海−西安−洛陽(黄河)−北京−上海と廻った。天安門事件のかかりの頃で、上海にはやや危険な雰囲気もあった。それでも、西安の街並み、大雁塔に小雁塔、シルクロードへと続く道、焼売専門レストランでの食事、華清池のホテルはかなりボロかったけど、夜や早朝の人の少ない華清池の美しさは忘れられない。洛陽では竜門石窟を見た後、長時間かけて黄河を見に行った。土を掘っただけのトイレにびっくり。北京から上海までの飛行機に高島忠夫・寿花代夫妻が乗っていて、写真を撮って貰った。パスポートにサインを依頼しようとする人もいた。
keirin 3度目は香港−桂林−昆明−石林−広州−香港。夜中にホテルに着くハードスケジュール。でも、石林は解放都市になって間がなかった為か、すれていない少数民族に好感が持てた。
 中国にはいろんな思い出がある。母の中国語の先生だった中国人(私より1つ年上)とは今でもお付き合いがある。私は中国も中国人も好きである。今、中国で反日感情むき出しに起きている大暴動を見ると悲しくなる。あれを見せられたら日本の若者も決して愉快ではないだろう。中国に対して良い感情は持たないだろう。何故、隣国同士なのに、敵意を持つのだろう。昔、日本が中国に対して行った行為は、戦争だったからでは許されるものではない。日本人であってもそれは理解している。日本政府の言動に対して、日本人でさえ許せないと思っている部分もあるのだ。国民同士で敵対するのは私はとても悲しい。中国へはまた行きたいと思っているが、今の状態の中国へは行きたいくない。今でも中国語の先生とは親しくして頂いている。国民同士の感情を早く修復して欲しいと切実に思う今日この頃である。

| | Commenti (3)

08 aprile 2005

スワローズ戦中継

hujics4_8 ケーブルテレビに加入しているのはヤクルト戦を見る為だけ。妹の家はケーブルテレビを結構見ているみたいだが、私はヤクルト戦以外は見ることないので、シーズンオフは殆どつけることがない。それでも毎月高額の料金払っているのはヤクルト戦を見る為だけ。なのに、何故か今年はヤクルト戦がない。開幕3試合はビジターで阪神戦であり、地元なので関西のテレビで見れていた。ヤクルト戦は従来、Jスポーツというケーブルテレビの標準チャンネルでほぼ全試合見ることが出来ていた。Jスポーツは3チャンネルとも必ず野球中継をしており、讀賣戦以外はケーブルテレビの標準チャンネルで見れていた。なのに、今年は野球以外のスポーツをやっていたり、パ・リーグの試合をやっている。何でヤクルト戦はないの?
 ふと、先日、後援会から会報と共に送られて来たスカパーのチラシを思い出した。フジテレビ739というCSでヤクルト主催全試合生中継というもの。多分、ここが独占しているからJスポーツは放送権を取れなかったのだろう。なんてことだ。これじゃ、ケーブルテレビに加入している意味ないやん。
 ケーブルテレビの番組表を見ると、オプションチャンネルとしてフジテレビ739があることを発見。フジテレビ721とセットで735円、来月から1050円に値上げだという。去年までケーブルテレビの加入料だけで見れていたのに、何でまた金がいるねん?と思いながらも、ヤクルト戦がみれないのではケーブルテレビに入っている意味を成さないので、取り敢えず9月までフジテレビ739を申し込んだ。
 このチャンネルはヤクルトファン向けチャンネルで、試合開始1時間前から放送が始まる。ヤクルト選手へのインタビューや質問コーナーもあり、試合後も選手を呼んで試合を振り返る。今まで、唯一、贔屓放送がなかったヤクルトとしては嬉しいが、本当に阪神ファンなら、ケーブルテレビさえ必要なく、地上派で試合や情報番組が見れるのに、ヤクルト戦見る為には何でこんなに金がいるの?といささか腑に落ちない。

| | Commenti (2)

04 aprile 2005

精神保健福祉士合格

4_1seisin 自己採点42点、もう諦めていた精神保健福祉士に合格しました。何か複雑。社会福祉士ほどの思い入れがなかったことと合格ライン48点(80点満点の6割)に遙か届かないということもあって、合格発表の日もすっかり忘れていて、夜、思い出しアクセスするが繋がらず。どうせ、不合格だろうから特に早く見たいとも思わず、深夜に漸く繋がったので、見ると何と番号があった。…っていうか、ない番号は殆どない(社会福祉士に合格しているので共通科目は免除)。欠席者以外は全員合格なんじゃないでしょうか(^_^;)?それでも42点の私が合格したなんて信じられず、何かの間違いかと思っていたが、合格基準を良く見たら37点が合格点になっていた。37点って…、ボーダー10点も下がって5割以下?こんなんで合格して本当に良いの?と疑問に思います。これで来年は受けなくて良いという安堵感はありますが、あまり感激ありません。試験結果も満足行くものじゃなかったですし。
 専門科目、私は難しいとは思いませんでした。私が間違えたところもきちんと勉強していれば出来たと思うし、単純ミスやらあったし、あれで合格点37は、国家資格がこれで良いのかな?と疑問に思ったし、社会福祉士の時の様な成就感も生まれないと言うわけです。ま、来年、受けなくて良いのでラッキーですが…。社会福祉士の時は1年目落ちたので、2年目はしっかり勉強して、満足行く点数で合格しました。本当に欲しい資格だったし、本当に嬉しかったです。生きていて良かったと思いました。
 ちなみに社会福祉士も今年はボーダー、83点らしい。合格率は例年通りですよね。結局は合格基準は合格率なんですよね。社福の場合、3割を越えないと言うのが基準ですよね。それを明記すべきだと思います。本当は90点前後のボーダーで3割合格という問題を作らないといけないわけですよ。私は、何年間か中学の教師をしていましたが、試験問題作りは結構難しい。平均点を想定して作らなければならないからです。社会福祉士の試験はボーダー90点、6割と言われているのですから、プロならそれに近い結果が出る様な問題を作るべきだ。
流石に誤差10点はまずいのではないだろうか?こんな問題を作る方に問題ありと思う。
 ま、私としては、一応、これで念願の3福祉士+介護支援専門員という目標は制覇しました。次は社労士に挑戦したいと思うが、この資格はそうそう簡単には取れないだろうから、準備が出来て可能性がある様なら頑張ってみたいと思う。

| | Commenti (2)

« marzo 2005 | Principale | maggio 2005 »