« 陽春の1日 | Principale | 薫風香る »

02 maggio 2005

神戸散策

050502ginpei 3月で退職した同僚と久し振りにあった。1ヶ月しか経っていないのに、積もる話が山の様。話は尽きない。
 安くて美味しいランチをしましょうということで、私が選んだ店は「銀平」。もう20年近く前、妹が景気の良かった証券会社に勤めていた頃に一緒に行ったことがある。魚料理の店で美味しいものを安く食べさせてくれる。
 三宮の山側、少し入り込んだところに時代の流れを忘れた様な一画がある。「銀平」もそんな一画に調和する様に建っている。中に入ると、下駄箱があり鍵は木の札になっている。店内はさほど広くなく、テーブルが8つとカウンターという作りである。店員もきびきびと気持ちが良い。カウンターに案内されそうになったが、ゆっくり話がしたかったので、テーブル席を希望した。
 妹と来た時に食べたのは、煮魚、焼き魚。何でも美味しかったが今日は刺身を頼んだ。いきなり豆腐が出て来て驚いたのだが、定食についているものらしい。そのあと、蕎麦が出て来る。メインの刺身はタコが非常に美味しかった。
 街中の喧噪を忘れそうな、和風で結構落ち着くこの店、私が結構、お気に入りである。
 昼食の後、三宮から、元町を通って神戸ハーバーランドまで歩いた。こんなに歩くのは久し振りである。JRの駅でも3駅ある。神戸の街も車や電車で通り抜けるのではなく、こうやって歩くといろんな発見があるものだ。三宮の浜側に陸橋が出来ていた。JR西口改札出たところから地上に降りなくてもそのまま渡れる様になっているのだ。一体、いつ出来たのだろう。1月末にイタリアに行った時、この前から関空行きのバスにのるのだが気がつかなかった。あったのかなあ?
 三宮センター街、大丸、元町商店街、結構な人出であった。やはりゴールデンウィークの最中であるということなのかな。
 天気予報が外れて良い天気に恵まれ、久し振りに神戸の街を見つめ直せた1日だった。

|

« 陽春の1日 | Principale | 薫風香る »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« 陽春の1日 | Principale | 薫風香る »