« 愛・地球博2 | Principale | Mac OSX »

16 maggio 2005

名鉄常滑沿線

050511sentorea2 愛知博に行ったついでに話題の中部国際空港と尾張横須賀に行って来た。尾張横須賀は今陽子さんの出身地であり、子どもの頃からずーっと行きたいと思っていた。名古屋までは行くことがあっても、なかなか尾張横須賀までは行けなかった。今回は少し時間があったので行ってみることにした。
 尾張横須賀は名鉄常滑線で名古屋から約15分。常滑線の終点は中部国際空港とのことだったので、足を伸ばしてみることにした。名古屋から急行で約50分。中部国際空港が出来るまでは恐らく終点であったのであろう常滑駅は、かなり大きな駅であった。そこから先は開拓地の様に何もない風景が続き、中部国際空港到着となる。
 駅はそのまま空港に繋がっている。動く歩道ですぐに出発ロビーに出る。向かって左が国際線、右が国内線。関西空港の半分の規模である。
050511sentrea 出発ロビーを通り抜けてエスカレーターを昇るとショッピング街、レストラン街となる。ちょっとしたテーマパークの様であるが、ここもまた関空の比じゃないくらい狭い。人が多くて、丁度昼時であったこともあり、どこもここも店の外まで行列が出来ていた。出発ロビーは閑散としていたことから、ここにいる人間の殆どは観光客であると思われる。これでは本当に空港を利用している客が利用出来ないのではないか?
このフロアの突き当たりの扉を出ると、天望デッキになる。バスで移動しなければならない関空と違って便利だ。それに関空と違って無料である。しかし、国際線は殆ど停まっていない。
 私としてはやはり使い慣れた関空の方が好きだ。最近は成田より関空の方が使いやすくなって来た。本当にこの規模で関空を抜いて、ハブ空港になるのだろうか?
 空港はどこかへ出掛けるから楽しい場所なのであって、空港だけ見に行っても大して面白くもないことが解った。
050511stowari1 その後、尾張横須賀に行った。車内放送で「尾張横須賀」という言葉を聞くと長年の夢が叶う期待に胸が躍る。残念なことに尾張横須賀駅は高架駅になっていた。恐らく、今陽子さんがここから東京へ旅立った1966年はまだ高架駅ではなかった筈だ。
 陽子さんの母校・横須賀小学校を見たあと、陽子さんの生家を訪ねてみた。テレビで叔父さんがやっている床屋の真隣と言っていたので床屋を探して行ってみた。いつか陽子さんが話していた様に前は確かに国道であった。この国道に水をまくのが夏休みの日課だったとか。ここから陽子さんがは東京へ行ったのかと思うと、感慨無量であった。家の前にはいつも遊んでいたと言うお寺があった。
050511stowari2 尾張横須賀、何と言うこともない平凡な街であるが、私にとっては特別な思いのある街であった。小学校時代の陽子さん、金城学院時代、常滑線のプリンセスと言われるくらい可愛かった当時の写真が頭に中に甦って来た。
 そうそう、3日間名古屋近郊の列車を利用して見て面白かったこと。こちらは「ドア締めま〜す」「間もなくドア締めま〜す」と言うんですね。関西は「ドア閉まりま〜す」と言うが、正確にはドアが勝手に閉まるワケではないので「ドア締めます」が正解だろうね。
※ この詳細はまたHPにアップしたいと思っています。

|

« 愛・地球博2 | Principale | Mac OSX »

Commenti

Mattinaさん。ブログ開設おめでとうございます。
う~~~ん。ココログじゃないんだあ。
当たり前の事かもしれませんが、nifty時代のフォーラムで知り合った人は、ココログが多いですね。
ココログは良いですよ~。また、niftyに入りましょう(^_^;)。

Scritto da: アトムズ@夜勤中 | 23 giugno 2005 a 23:07

アトムズさん、こんにちは!Mattinaです。
スレとは全然関係ない話題ですみません(^^ゞ

突然ですが、必要に迫られて私もブログ開設しました。(ココログでないのが残念 ^^ゞ)イタリアより帰国して早4年半、すっかり日常にマイボツしているので、いつイタリアネタが出てくるか全くわかりませんが、一応毎日更新の予定です(^^ゞ

早速、アトムズさんのHPとプログをリンクさせていただきましたので、ご確認ください。
私のブログもリンクしてくれると、うれし~なっm(__)m

「まっちなのひまわり日記-Diario di Mattina "Girasole"-」
http://blog.livedoor.jp/mattina358/

それではまたレス&メールしますね。Ciao!

Scritto da: Mattina 【ブログ開設!】 | 23 giugno 2005 a 12:11

子供の頃は、どこにあるのか解らない遠い街でした。
やっと念願かなって訪ねることが出来ました。
出来れば、昔のままの街の姿が見たかったですが。
陽子さんは名古屋出身なんですよ。
いつかは金城学院も訪ねてみたいです。
私と違ってミッションスクールが似合う人です(^_^;)。

Scritto da: アトムズ | 22 maggio 2005 a 15:48

アトムズさん、こういう観光スポットではない自分なりの、
思い入れのある土地を訪れる楽しみって格別ですよね。
今陽子さんって愛知県出身だったんだ。
いまでもおきれいですよね。
竹下景子といい、意外と?美人が多いのかも。

Scritto da: ごんふく | 20 maggio 2005 a 23:05

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« 愛・地球博2 | Principale | Mac OSX »