« 秋芳洞 | Principale | アホなカーナビ »

25 agosto 2005

徳山という街

 昨日、泊まった湯田温泉セントコア山口はなかなか良い宿だった。温泉は好きだけど、旅館のサービスは嫌いという私にはもって来いのホテルだ。同じく公立学校共済の宿である長野浅間温泉のみやま荘と似ている。部屋は明るく清潔、広い。温泉にはサウナや露天風呂もある。おまけに宿泊客の容量が大きくないので殆ど人がいなくて、いつも貸し切り状態。ひとりでゆっくり露天風呂にも入れる。
 出来ればもう一泊しかたったのだけど、何故、今日、徳山なんて中途半端な街に来たのか。セントコア山口には、LANが設置されていなかった。フロントでお姉さんに尋ねたら「LANはありません(LANの意味も解っていない様子)。モジュラーもありません。何もありません」と申し訳なさそうに言っていたけど、ちゃんとモジュラーは機能していた。正確な情報を!
 これは行けると思いリモートアクセスを開くと、アクセスポイントを調べて来るのを忘れていて、何とイタリア旅行で利用したままであった。日本では最近LAN設置のホテルに宿泊しているので、リモートアクセスを使っていなかったのだ。接続出来ないと、当然、アクセスポイントも調べられない。それで、職場に電話したり、nifty時代の知人にメールしたりして大騒ぎで調べ、何とか繋がったのだが、何故か認証されないのだ。おかしいなあ。IDもパスワードも合っているのに。何度、やっても繋がるのに認証されない。何度も接続したお陰で、余分な通話料を取られた。
 1日でもインターネットに繋がらないと、禁断症状が出る重症な私は、仕方なくLANのあるホテルに替えることにしたのだ。そこで下関の東急インか徳山のサンルートを考えたが、少しでも東に戻っておくことを考え、徳山のサンルートにしたわけだが。
 このサンルート徳山。この間泊まったサンルート赤坂と同じチェーンとは思えないくらいひどい。確かにお客様アンケートでは最低だったので、多少の不安はあったのだが、部屋は暗い、汚い、ぼろい。フロントはとてもホテルマンとは思えない風采の上がらないおっさん。赤坂とは違い過ぎるし、昨年、
利用した博多も良かったのに。本当にLANがあるというだけなのだが、そのLANも後からつけましたという様にテーブルの上に外付けだし、コンセントは遠く離れている。
05824tokuyama で、徳山という街だが、何とも治安の悪そうな街だ。サンルートの駐車場はホテルから少し離れた所で囲いも何もなく、周りに人気もない。港の近くということで、夜は何もない。いつでも車上荒らしが出来そうだ。
 夕食がまだだったのだが、ホテルのレストランはもう終了していると言われ、駅の向こうが繁華街だからと言って地図をくれた。駅の向こうへ行くには地下道を通らなければならないらしいのだが、目の前にある駅に行くのも寂しい道なのに、人気のない地下道はほんとに怖かった。まだ、21時前なのにこの薄気味悪さは何?治安が悪いと言われるイタリアのナポリやパレルモだって、こんなに薄気味悪くなかった。
 しかし、夕飯を食べないわけには行かず、「ここは日本」と言い聞かせながら何とか地下道を通り抜けた。駅の向こうは繁華街と言うので、三宮の山側や梅田や栄や赤坂見附の様な賑やかさを想像していたら…。何と全ての店はシャッターが降りていて、酔っ払いの様な人がうろうろしている。
 あまり良い印象のない街だが、唯一、たまたまみつけたイタリア料理の店はなかなか美味しかった。家族経営の様で、若いお兄ちゃんも感じが良く、味も美味しく、値段もそこそこ。「おまかせレストランGrazie」という。銀座通りを東に歩き、平和通りを超えたところにある。徳山に行くことがあれば、お勧めである。

|

« 秋芳洞 | Principale | アホなカーナビ »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« 秋芳洞 | Principale | アホなカーナビ »