« ottobre 2005 | Principale | dicembre 2005 »

novembre 2005

26 novembre 2005

京都の紅葉

051125eikando01 友達と「京都へ湯豆腐食べに行こうよ」と前から言っていたので、丁度、紅葉見物も兼ねて、昨日、京都に行って来た。
 初めは車で行って、嵐山・高尾方面を考えていたのだけど、みんなに今のシーズン、京都は大渋滞で、車で行くなんて自殺行為と脅かされ、公共交通機関で行くことになった。
 阪急の車内で待ち合わせしていざ京都へ。公共交通機関だと神護寺はまず無理なので、東山方面へ。烏丸から地下鉄乗り継いで、蹴上到着は10時前だった。南禅寺をちょろっと見た後、一番期待している永観堂へ。拝観料が1000円はかなり割高感が…。しかし、赤い紅葉がとても奇麗だった。多分、ここは紅葉だけでなく「見返り菩薩」などの重要文化財もあり、普段の拝観料も600円なので、紅葉は+400円というところか。
051125eikando02 五重塔を入れた写真が撮りたかったが、撮影ポイントが解らず撮れなかった。パンフレットに載っている五重塔を見せて案内の兄ちゃんにここはどこかと尋ねたら、五重塔そのものの場所を教えてくれたお陰で、五重塔には行けたのだが、私は「この撮影ポイントはどこか?」と聞いたつもりだったのだが(^_^;)。
 しかしながら、永観堂の紅葉は評判、期待に違わぬ美しさではあった。
 昼食は初期の目的通り、湯豆腐。その為に南禅寺に来たのだもの。この辺りで有名所は「順正」と「奥丹」。順正のインターネット割引クーポンを印刷しながら、持って来るのを忘れたので、悔しいから奥丹へ。まだお昼前なのに、既に店の外まで行列が出来ている。
051125sinnydo01 しかし、回転は速く、10分そこそこで席につけた。ラッキーなことに庭園席。ここなら、煙草の煙を気にしなくても良いと思ったのだが、今は全面禁煙になっているみたいだ。ガイドブックには禁煙席なしとなっていたが、横に座ったおっさんが店員に聞いていたら「申し訳ありません。全席禁煙なんです。ご理解下さい」と言っていた。禁煙席もないので文句言ったら「すみません。煙草吸いたいというお客さんが多くて。ご理解下さい」と言っていた東京駅構内の時代錯誤の中華料理屋「天津飯店」とは大違いだ。煙は公害なのだから、害をまき散らす方に我慢を強いるのは当たり前のことだろう。何で、害を被る方が理解しなくちゃいけないのだ?
051125sinnyodo02 …と、言うワケで、美味しく湯豆腐を頂けた。既に昔豆腐のコースは売り切れで、豆腐一通りという3000円のコース。他にとろろ汁、ごま豆腐、木の芽田楽、精進天ぷら、ご飯、香の物がついている。湯豆腐のお出しもなかなかのものだった。
 ほぼ定刻に予定は進み、次なる目的地、真如堂へ。南禅寺より歩いて20分くらい。真如堂前というバス停から山道を上って行くのだが、これが結構きつかった。しかし、登り切ると、何と見事な紅葉が。ここは前日、報道ステーションがお天気中継をやっていた。永観堂が1000円いるのに、ここはこんなに奇麗な紅葉が何とタダ!本堂前の紅葉の下の群衆を見て、連れが「あれ、なんですかね?何かあるのかな」と言うので、行ってみると、ここから三重塔を入れて写真を撮る絶好のスポットだった。
051125jojakko01 真如堂の紅葉を堪能した後は、嵐山に向かう。地図では結構近くに感じたのだが、京都の東の端から西の端への移動でかなり時間がかかった。
 真如堂から岡崎道まで徒歩でおり、ここからバスで東山に出て、東山から二条まで地下鉄に乗る。東山のホーム、一番後方で待っていたら、入って来た電車が前に止まらず、かなり前まで行ってしまったので、必死で走って行くと市役所前止まり。また、後方に戻って来ると「市役所前止まりは4両編成の為前方に停車します」と貼り紙がしてあった。
051125jojakko02 二条からJRで嵯峨嵐山まで出る。真如堂からは1時間以上かかってしまった。時刻は3時15分だが、既に辺りは夕暮れの様相。写真を撮るには相当やばい時間になって来た。ここから、常寂光寺まで徒歩なのだが、地図で見るより断然遠い。連れが地図を見て「1km以上はありますよ」と言っていたのは正解だった。道も不案内で、かなり歩いたのに、まだ半分。おまけに道を間違えて寺に着いたのは16時過ぎで既に太陽は周囲の山に沈んでいた。
 だが、常寂光寺の紅葉は息をのむ程の美しさだった。今日行った東山の寺など、目じゃない。赤と黄色のコントラストが最高だった。日がないのが本当に残念だが、肉眼ではまだまだ明るく、暫く座って鑑賞する。返ってからphotoshopで修正出来ることを願って、とりあえず写真を撮っておく。
 帰りは嵐山まで歩いたが、これがまた、遠い(^_^;)。そして、嵐山に近づくと、観光客が以上に増えていた。
 嵐山で休憩して、帰りは阪急で桂経由で帰って来た。穏やかな秋の1日、美しい紅葉、美味しい食事、友達との語らい、日常を忘れる貴重な一時であった。

※ 写真もたくさん撮ったので、HPにアップしています。。

| | Commenti (4)

20 novembre 2005

小さい秋みつけた

051120_4 風邪が流行っている。一泊旅行から帰って風邪を引き、なかなか治らない。2日間寝込んでいたのだが、今日は暖かいし、来週末、京都へ行く予定なので、カメラの練習をしに、体を慣らしがてら家の周りを歩いてみた。RAWというのを使ったことがないし、マニュアル露出の練習もしてみたい。まるまるオートだと、COOLPIXと変わらない。折角、D70を持って行くのなら、露出はマニュアルにして紅葉を撮って来たいので、10枚程撮って来て処理してみた。家の周りにも秋はいっぱい見つけられた。
 今日は東京女子国際マラソン。私はマラソンの様な勝負の遅いスポーツはあまり見ないが、高橋尚子だけは別。
051120_1 シドニーでゴールテープを切ったあと、Qちゃんは平然として笑顔を振りまいていた。他の選手は転がり込む様にゴールテープを切り倒れ込む。その後も息が整わないのだが、Qちゃんは42.195kmのゴールは中間点で、あと何kmでも走れそうな余裕であった。インタビューでも息の乱れもなく、本当に42.195kmを楽しんで走っている…そんな感じだった。悲壮感など全くなく、走ることを楽しんでいた。そんな高橋を見て、凄いなあと思った。
 その後もQちゃんはいろんな大会で優勝しまくり、マラソン界の世界の第1人者となった。アテネでもその勇姿は見れると楽しみにしていたのに、たった1度の失敗でQちゃんはアテネに出られなかった。日本陸連は高橋だけではなく、日本国民の夢まで奪ってしまったのだ。その後、Qちゃんは大きな大会に出ることなく、もうこのまま引退してしまうのだろうかと心配していた。
 もう一度、Qちゃんの勇姿が見たい。Qちゃんにもう一度栄冠を与えて上げたい。アテネ五輪を見ながら、トレーニングしているQちゃんを見てそう思った。
051120_2 きっとアテネを走りたかっただろう。アテネはマラソン発祥の地だ。そこで栄冠を手にしたかっただろう。そのチャンスさえ与えられず、どれだけ悔しかったことかと思う。それでもQちゃんはそんな表情は全く見せず、明るくレースを見ていた。
 Qちゃんと私達の夢を奪った因縁の東京女子国際。高橋はここから再出発するという。足に肉離れを起こしていると言うことで完走すら危ぶまれた中、30km地点で、トップグループ3人の中に高橋はいた。このままずるずる後退して行くんじゃないか?2年前の悪夢が甦ったその時、高橋が突然飛び出した。それはいつもの力強いスパート。もう、他の選手は付いて来れない。Qちゃんのひとり旅だ。後半に来てペースアップする走りが好きなのだ。
051120_3 Qちゃんはいつもと同じ様に余裕の笑顔でゴールテープを切った。高橋尚子は再び輝きを取り戻した。あの笑顔の裏には私達が想像も出来ないくらい苦しい毎日があったと思う。一度、落ちてしまったところから、這い上がることがどれだけ苦しいか。それでも、今、笑顔で語れる高橋の強さに感動した。
 「諦めずに一生懸命頑張れば夢は叶う。24時間は平等に与えられた2度と来ないチャンスなのだから夢に向かって頑張って欲しい」そんな高橋の言葉だから重みが違う。
 高橋の走りを見ながら私も目頭が熱くなり、ゴールした瞬間、涙が出て来た。おめでとう!高橋。そして、私達に感動を夢をありがとう!

| | Commenti (2)

11 novembre 2005

岡山観光事情?

051110tivoli 9月に行く予定だった勤務先の利用者一泊旅行。台風で一旦延期になっていたが、秋の快晴の中、実施出来た。そろそろ寒くなるかなと不安だったが、長袖シャツ1枚でも大丈夫なくらい暖かく、紅葉も奇麗で、9月の暑い中を歩くより、良かったかも…。園の銀塩一眼レフも持って行ったが、気軽に取り出せて写すには面倒。私ともうひとり職員がNikonのCOOLPIX(同僚の方がクラスは上)を持参し、写しまくった。
 行き先は岡山方面、チボリ公園、ドイツの森であったが、岡山という土地柄なのか、何なのか、サービスがなっていない施設が多い。チボリ公園では、乗り物に乗ってもシートベルトはセルフ。確認にも来ない。利用者を乗せているので、職員はシートベルトの確認にてんてこ舞い。普通、従業員がしないか?もし、シートベルトの着用不備があり事故があったら、施設側の責任やぞ。解ってんのか?
 公園内でバームクーヘンを売る喫茶店に入ったら、これまた、セルフ。これは、まあ、そういう営業方針なのだろうから、良いとしてもその接客態度だ。笑顔もなく挨拶も接客態度がなっていない!「いくらいくらです」と言うので、お金を出したが、先に精算せず注文品を作って出して来るので、お金を出したままその場を離れられず、セルフなので、利用者に注文品を届けられず、大変困った。商売しようという姿勢が全く見られない。
 ホテルはダイヤモンド瀬戸内マリンホテル。いつも手配をお願いしている旅行社にしてはランクが一段落ちるのか、料理も接客態度もいまいち。
 さて、極めつけはドイツの森。予約より少し遅れてしまったのだが、受付事務所は「困りますねえ」とまでは言わないまでも、そんな態度。さっさと行って下さいと言わんばかりで、ここで、血管は2〜3本切れかけていた。そして、パン作り体験。確かに40分程遅れてこちらも悪いが、無愛想な男が、2〜3分一方的に説明?をして、「後は自由に整形(というらしい)して下さい」とだけ言って、私達のテーブルには背を向けて、違う仕事をしている。途中、2〜3度何をどうしたら良いのかと聞きに行ったが、「自由ですから」としか言わない。これで、完全に切れて「これじゃ、何も解らない。説明する義務があるのじゃないか?」から始まり、延々怒りまくってやったが、反省の色なし。まあ、今回は一緒に行った職員も応戦してくれ、3人で問い詰めてやったら、上司みたいな人が出て来て、詫びた上、一緒に入り、初めからやり直してくれたが、パン作りを楽しみにしていた利用者も旅行気分台なしだった。自由なら自由で良いが、要は客を楽しませて上げようという姿勢のかけらもないことが問題なのだ。違う仕事をしていても、常に客の様子を見ていて、困っていたら「何か解りませんか?出来ていますか?」と笑顔で声かけして来るのがサービスだろう。今まで、利用者連れての旅行でいろんな体験ものをして来たが、こんなほったらかしの体験はなかった。私個人の旅行ならともかく、私達も利用者に楽しい旅を提供しようとしている立場であり、この態度には大変むかついた。
 ドイツの森は寂れまくっており、こんな従業員教育をしていては今後も衰退の一途だろう。ちなみにバーベキューハウスの従業員も接客態度は良くなかった。これなら、わざわざ、岡山くんだりまで行って行かなくても、神戸のワイン城やフルーツフラワーパークの方がずっとマシ。いや、しあわせの村だってずっとマシ。

| | Commenti (3)

05 novembre 2005

東京でのお買い物

今回の上京での散財ぶり(^_^;)。

05112miyage2

Apple store銀座にて
・Apple Care      ¥21,000
・.mac            ¥ 9,333
・iPod Dock       ¥ 4,286
ヨドバシカメラ秋葉原にて
・宛名職人Ver.13      ¥ 5,040
・携帯万能15          ¥ 2,850
・超図解iPod mini    ¥ 1,200
・始めよう!itunes     ¥ 1,134

合計               ¥43,643

05112miyage1
CAPTAIN SANTA CLUB浅草
トレーナー            ¥ 9,800
パーカー             ¥13,000
消費税              ¥ 1,140

合計               ¥22,800

 予想通りの散財ぶりでした。でも、Apple Storeは、つい行ってしまうんですよねえ。それにキャプテンサンタも、関西にはないので、こんな機会じゃないと買えないし…。
 満足のお買い物でした。

| | Commenti (0)

04 novembre 2005

東京観光

05112yodobashi ライブの翌日は17時13分発の新幹線まで、フリー。東京駅のコインロッカーに荷物を預け、まずは、東京へ来たら、行かなければと思っていた秋葉原のヨドバシカメラへ向かう。日本一の売り場面積を誇るという9月オープンの店でMac売り場も充実しているというので、宛名職人のバージョンアップ版購入がてら行ってみた。
 すっかり様子が変わった秋葉原駅と街並み。とても整然とし、奇麗な駅前になっていた。ヨドバシカメラはその駅前に建っているバカでかいビルだ。Mac売り場は1階の一番奥にある。Apple Store程の感激はなかったが、それでも結構長居をし、宛名職人、携帯万能など購入し、予想通りの散財。

05112tse2


05112tse1

 次なる目標は東京証券取引所見学である。TMさんに見学出来ることを教わってから、是非、1度行ってみようと思っていた。NY証券取引所(NYSE)を見学に行ったことがあり、結構面白かったので、行ってみたのだが、結構しょぼくて驚いた。資料館は結構面白かった。帰りには記念にボールペンとキーホルダーを買って来た。
05112tyo_tw1 今回の東京は良い写真が撮れたら良いなと思って、Nikon D70を持参したので、東京タワーでも撮って見ようと、近くまで行ってみた。ここで、私は重大なミスに気付いた。そう、東京タワーは遠くから撮らないと、真下まで行ってしまうと写真にならないのだ。
 それで、前回、キャサリンさんに連れて行って貰った六本木ヒルズから撮ってみようと出かける。その後、東京駅の夕景を撮ってみたが、あまり大した写真は撮れなかった。これなら、COOLPIXで十分。
05112tyo_tw2 16時になったので、東京駅の下にある名店街の中華料理屋でラーメンを食べたが、信じられないことに全席喫煙。今時、堂々と恥ずかしげもなく灰皿を置いているなんて信じられない店だ。勘定の時に文句を言ってやったが、全く反省の色なし。日本の玄関東京でほんとに恥ずかしい。日本も早く、イタリアの様な禁煙法が出来て、全面禁煙にして貰いたい!
 今回の東京行きは新幹線を利用したが、新神戸ー東京間が3時間を切り、凄く早くなった気がした。飛行機に比べ全然楽だし、やっぱり、東京は新幹線に限る。もう、飛行機には乗らんぞ。
 そうそう。エスカレーターで急ぐ人の為に開けるのは神戸は左、東京は右なのだが、新神戸降りた時は、まだ東京の延長で、右側が空く。駅を出て地下鉄新神戸駅まで、4つのエスカレーターを乗り継ぐが、その3つめ、急に左側が空いた。なるほど境目はここか…。
05112st_tyo

| | Commenti (2)

03 novembre 2005

浅草詣で

05111nakamise さて、折角、浅草くんだりまでやって来たのだから、ここは浅草寺にでも寄って帰ることにした。写真撮影用にNikon D70を持って来たが、今日は重いのでホテルに置いて来た。なので、COOLPIXでの撮影だが、ブログに載せるには適当な写真は撮れるだろう。
 仲店通りを歩いて浅草寺の方に向かうと、浅草寺の仲店通りにぶつかる。これを右に行けば雷門、左に行けば浅草寺である。時間に余裕もあるので浅草寺へ行って見た。
05111sensouji 浅草寺は3回目、1度目は1974年、2度目は1985年だ。以前はもっと汚くて屋根はなかった様な気がするけど。その代わり、もっと味があった様な…。何か小綺麗になって、ちょっと趣に欠ける。 
 本堂で、取りあえず、10円、賽銭を払って?お願いごとをして、また仲店を戻り、雷門に出る。さすがは名所・旧跡。外国人の姿が多い。
 雷門の近くにある銀座線浅草駅から地下鉄に乗り、荷物を置きにホテルに帰るかどうか迷ったが、ホテルを往復したら300円以上いるので、コインロッカーを利用することにして、銀座で降り、Apple Storeへ。

05111sensouji2

05111kaminari
 
 宛名職人のOSX用を買いに行ったのだが、結局、目当ての宛名職人はなく、その他にipod miniのDock、iMacのApple Care、そして、.macを買ってしまった。.macは良く耳にするが、実際のところどんなものなのか解らないと言うと、店員が「一言では言えない。時間は大丈夫ですか?」と言って、デモ用iMacの前に座らせて、懇切丁寧に説明してくれた。使い方はいまいち解らないが、何だか面白そうなので、ひとつ買うことにしたのだ。
 結局、Apple storeに2時間以上いたことになる。たくさん買い物し、満足して店を出ると、もう、日はとっぷりと暮れていた。この時期、東京と関西では日暮れ時間、かなり違う気がする。
05111ginza

| | Commenti (0)

02 novembre 2005

キャプテンサンタ

05111mt_fuji 昨日はホテルに帰って来るのが遅く、ライブのことだけアップするので精一杯だったので、ライブに行くまでのことを少々。
 昨日は、全国的に快晴で、富士山が見れると良いなと思って、カメラを準備して待っていたが…。静岡を通過して程なく富士山が姿を現した。富士山が見れると何か嬉しくなるのは日本人であるという証拠かも。ま、写真はご覧の通り。霞がかかった状態で、はっきりとは見えなかった。
 この度も東京へ行くことをキャサリンさんに伝えたら、お忙しい中、昼食だけ出て来て下さることになった。但し、昼休みなので、会社の近くでと言うことで、駿河台下で待ち合わせ。今回、ホテルは全室LAN完備になったということで、常宿の東京ガーデンパレスだったので、チェックインだけして荷物を預けてから出かける。
 今日はロシア料理を食べに連れて行って下さった。キャサリンさんとは野球の話、旅行の話などいろいろ話をするが、いつも一番盛り上がるのは、Macの話かなあ。今回もPB2400、PB1400、シェル型ibook、漢字Talkの話まで出て盛り上がった。
05111c_santa さて、キャサリンさんと別れてから、陽子さんのプレゼント購入だ。私達の感覚の安物などは贈れないし、かといって私達はそんなにお金もないしで、考えたのがトレーナー。多分私達は自分ではなかなか買えないであろうCaptain Santaのトレーナーを贈ろうと思っていた。私も好きなブランドだが、そうそうは買えない。それに、ミュージカルなんかの稽古の時、よくトレーナーを着ているみたいなので、使って貰えるかもと思ったのだ。
 で、Captain Santa、昔、西麻布にあったのがなくなって以来、店を探せなかったのが、5年前にお台場で見つけて喜んで何枚か買った覚えがある。二子多摩川園にもあることは知っていたが、どちらも遠い。時間に余裕がない。それで、ネットで探したら、浅草にあるらしい。ネットの地図で調べたところ、銀座線ではなく、つくばエキスプレスの浅草駅前の様で、銀座線なら田原町が近い様だ。
 田原町下車して徒歩約10分。Roxというビルの1階。Captain Santaはすぐに見つかった、いつも見ても、Captain Santaはワクワク、うきうきする。一緒に行くファンの子が一緒にしたいというので、新作の最高級のもの(店内写真の一番前に並べてある水色系のもの)を選んだ。
 私も自分用に欲しくなり、少し安いトレーナー(お台場で買い損ねた黄色)とパーカーを買ってしまった。

| | Commenti (0)

01 novembre 2005

ハッピーバースデー

05111pinky1 今陽子さんが定期的に行っている銀座スイングでのジャズライブ。7月に来た時に、「次は9月、その次は誕生日にバースデーライブやるからね」と言われていて、9月は無理だが、折角のバースデーライブ、是非来ようと思っていた。
 昨年のお誕生日はZepp Osakaで「キャバレー」を観た。楽屋口が解らず、結局会えなかったのだけど。
 今年はジャズライブ。8月にNHKで競演したTOKUと彼のバンドとのセッションだった。昔からのレパートリーや、新しく聞く曲など、「今日は誕生日なので」と陽子さん自身が好きだという曲をたくさん聴かせてくれた。
 歌は勿論良いけど、陽子さんはMCも上手だから、楽しみである。今日も結構笑わせて貰った。そうそう、お客さんの中にも今日が誕生日という男性がいて、ラストナンバーで「♪おめでとう」と歌って貰っているのに、思い切り居眠りしていて大爆笑だった。
 店からは大きなバースデーケーキをプレゼントされ、ローソクの火を吹き消した後、ケーキは女性客優先に配られた。ラッキー(^_^)v。
05111pinky2 歌い終えて退出する時、私に「いつも遠いところをありがとうね」と言ってくれた。陽子さんはいつもこう言って声をかけてくれる。その後も店先で写真を撮って貰ったり、少し話もしてくれた。私といつも一緒に行くファンの子2人からのバースデープレゼントは、キャプテンサンタのトレーナー。また、明日、アップするが、このトレーナーを入手するのが、また大変だったのだ。でも、あまり安いものも失礼だし。私の大好きなブランド、着て貰えたら嬉しいなあと思って買って来た。今日は、きっとこの後パーティだと思うから忙しいだろうに、ちゃんと見送ってくれた。
 今日の画像はブログに載せることも了承済み。「さっきの写真、ブログに載せても良いですか?」と尋ねたら。笑顔で「良いわよ。キミはずっと前から(HP)やってるもんね。こんなに流行する前からね」と言ってくれた。
 来年、2月には兵庫県でミュージカルがあるとのこと。兵庫県と言っても広いんだけど、どこなのかなあ。でも、是非観にいきたい。
 あ、それから、ここ10年程音信不通だったファンの子に今日会った。30年近く前は一緒にステージを観に行って、よく家にも泊めて貰ったものだが、さっぱり音信不通になっていた。陽子さんのファンは未だに続けているんだと嬉しくなった。

| | Commenti (0)

« ottobre 2005 | Principale | dicembre 2005 »