« 百人一首 | Principale | PodCast »

08 dicembre 2005

アルベロベッロ

051208 今夜、NHKの世界遺産で「アルベロベッロ」が取り上げられていた。たまたま今日は夜勤明けで、職場で新聞を見れたので、今夜の放送にも気が付いたというわけだ。
 「アルベロベッロ」…奇麗な森という意味らしいが、トゥルッリと呼ばれる三角錐のおかしな建物が並ぶこの街を知ったのは、何年くらい前だっただろうか?まだ、パソコン通信華やかなりし頃に、niftyのFBBALLのオフで行った知多半島のとある駅のポスターで見たのが始まりだった。
 まだ、南イタリアには行ったことがなく、アルベロベッロなんて街も知らなかった。南イタリアにはいつか行きたいと憧れていたし、この面白い街並みは私の心に強く残った。しかし、南イタリアは治安が悪いと言われているし、ひとりじゃなかなか行けないなあと、夢のまた夢だった。
 一昨年の夏。同じくniftyのFEURO のイタリア部屋での知り合いとプーリアとマテーラ(バジリカータ)を訪ねる機会がやって来た。
 実際に言ったアルベロベッロは、生活臭を感じない=イタリアの匂いを感じない国籍不明の観光地だった。殆どテーマパークと化していて趣には欠ける街だった。おまけに駐禁で罰金取られるし。歴史を聞くと、この街にも紆余曲折があり、厳しい生活があった様であるが、今は明るい街になっている。
 同じようにテーマパーク化しかけているマテーラの方が、私には関心持てる街であった。
 しかし、遠い憧れが実現した時の感激は忘れられないものであった。

|

« 百人一首 | Principale | PodCast »

Commenti

うららさん。こんばんは(^_^)。
マテーラは私も好きです。あの洞窟は現地に行かないと観れないですね。何年か前にイエスキリストの映画で、マテーラが使われていたので観に行きました。

Scritto da: アトムズ | 19 febbraio 2006 a 22:12

2年前に南イタリアをツアーで旅しました。
出発5日前にインフルエンザにかかり、やっと高熱はひいたものの、まだ万全の体調ではなく心配でした。
でも南イタリア、シチリア島は北イタリアに比べると、時間がゆっくり流れているようで癒されました。
TMさん同様、私もマテラの街がとても気に入りました。
ネアンデルタール人が住んでいたといわれる洞窟が、川越し遠くに見えましたが、はるか昔そこで暮らしたことがあるような錯覚も覚えたくらいです。

Scritto da: うらら | 19 febbraio 2006 a 19:42

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« 百人一首 | Principale | PodCast »