« 癒しのひつじ | Principale | 交換レンズ »

15 gennaio 2006

とんど

060115tondo 今日は左義長。私達は「とんど」と言うが、「とんど」は方言だろうか?うちの自治会では、毎年、第3日曜日に小学校の校庭で「とんど」を行う。神主にお参りして貰い、御神酒を頂く。そして、正月飾ってあった門松やしめ縄、書き初めなどを燃やし、その灰を持ち帰り、家の周りにひとつまみずつ置いて廻るのだ。
 施設の利用者も毎年、参加する。私は今日休みだったが、写真を撮りに行って来た。広報係もやっているので、取材(^_^;)?昨年は行くのが遅く、既に灰になってしまっており、何の写真か解らなかったので今年は早めに出かけ、まあまあな写真が撮れた。
 今日は朝から団地の草抜き。毎月1回第3日曜にあるのだが、これが、もう苦痛以外の何者でもない。毎月、この草抜きの為に休みを取らなければならず、そして、草抜きのお陰で休んだ気にならない。毎月休みを1日損している気分だ。
 昨日は本当に疲れていたので、久しぶりに今陽子さんの歌を聴いて過ごした。以前からそうなのだが、精神的に疲れた時、疲れているのに神経が高ぶって眠れない時などは彼女の歌が、心を安らかにしてくれる。そして、寝たのは3時過ぎなのに、朝から草抜き。何とかならんかな。草抜き。

|

« 癒しのひつじ | Principale | 交換レンズ »

Commenti

ごんふくさん。こんばんは。

> そこいらへんの山から竹やら木材やら切ってきて、
> 田んぼに積み上げて燃やしてます。

焚き火ちゃう〜言うんですよね。何を目的にやってるんですかね。
しめ縄等を燃やす神事なのに(^_^;)。
ちなみに、連休にする為に祝日を月曜にするのも私は反対なんです。
休みことが目的ではないですもんね。
夏に成人式やるのもなんだかな〜。

Scritto da: アトムズ | 18 gennaio 2006 a 00:14

九州では「どんど」と呼ぶようです。
本来はお正月のしめ縄とか門松を燃やして無病息災を祈る神事なのでしょうが、
ウチの田舎ではお正月の真っ最中にやるんですよ。
過疎の農村なので、都会から若い人が帰省しているあいだにするんだって。
だからしめ縄なんかを燃やすわけにいかず、
そこいらへんの山から竹やら木材やら切ってきて、
田んぼに積み上げて燃やしてます。
いわば停滞している田舎のためのイベントですな。

Scritto da: ごんふく | 17 gennaio 2006 a 21:51

巨匠、ようこそおいで下さりました。
そうですか。とんどは全国区ですか。左義長とは意味が違うんですかね?
あ、巨匠。「あべの」が抜けておりまする〜(^_^;)アホ。

Scritto da: アトムズ | 16 gennaio 2006 a 02:21

 親愛なるお嬢さん、お久しぶりです。\(^O^)/
 「とんど」は神事ですんで全国的に「とんど」やと思います。「どんど」と呼ぶ場合もあるようですな。
 最近は都会ではあんまり見かけんようになりましたが、落ち葉を集めてやる焚き火、童謡にもある「落ち葉炊き」ですな。中に薩摩芋を入れて焼き芋したりするアレですが。
 大阪ではこの焚き火も「とんど」と呼んだりします。焼き芋食うて屁ぇこきながらあたるような「とんど」はちょっと罰当たりかも。(^^;;;

Scritto da: 五味綜治 | 16 gennaio 2006 a 01:31

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« 癒しのひつじ | Principale | 交換レンズ »