« ワールド・ゴーズ・ラウンド | Principale | 夕景撮りに… »

15 febbraio 2006

西宮北口

 昨日、久しぶりに西宮北口に行って来た。18年程前に1年間、私は西宮北口で働いていた。西宮球場の敷地内にあるプレハブの様な汚い建物の中に職場はあった。
060214nishikita1
 西宮北口の南側は当時の面影は全くないくらい変わっていた。都市再開発されていることは聞いてはいたが、見る影もなくなっている。まず、西宮球場はなくなってしまっている。そして、球場から西宮北口に続く道。食べ物屋が軒を連ねていた狭く汚い道だったが、店はなり悠々2車線幅の広い道になっている。競輪開催日は新聞が舞い散っていた汚い道は全く面影なし。駅に突き当たっていた道はトンネルとなり阪急神戸線をくぐって北側に出る様になっている。

060214nishikita2

060214nishikita3

 それより驚いたのは、阪急今津線より西側の変貌ぶりだ。スーパーや中層住宅が建ち並び、凄くごちゃごちゃして汚い街だった。それらの全てが取っ払われ、広い道が作られ、大きなビルが建てられている。その様子はさながら未来都市の様である。
 我が家は何かと西宮に縁がある。そんな街だからこそ、余計、郷愁を感じるのだ。神戸線の北側は殆ど変わっていないが、南側のこの変わり様。あの整備されていないごちゃごちゃした街並みが懐かしくもあり、近代化されてしまった街並みを見て、少し、寂しく感じた。
060214hankyu

|

« ワールド・ゴーズ・ラウンド | Principale | 夕景撮りに… »

Commenti

ヒデさん。知らん間に…ですか。それは残念。
話でもしていたら、「喋ったことあんねんでぇ」と自慢出来るとこだったのに(^_^;)。

Scritto da: アトムズ | 23 febbraio 2006 a 22:17

いや、ぎりぎり2000人でした。私らの時は母校も単独で出ていたんですが、私らが出た翌年くらいから関大さんと合同でやるようになり、名称も3000人に増えたと思います。
報徳学園・上甲子園中の合同バンドが毎年アクロバティックで楽しみでした。常盤貴子も上甲子園中時代に出てたみたいで、知らん間に競演していたようです(^_^;)。

Scritto da: ヒデ | 22 febbraio 2006 a 00:07

ヒデさん。私が観に行っていたのは小学生の頃なので、きっと、ヒデさんは観れていないですね。ヒデさんの頃には「3000人のー」になっていませんでした?

Scritto da: アトムズ | 21 febbraio 2006 a 21:30

>>2000人の吹奏楽を毎年観に行きました。

 え!?それはそれは。大学時代は毎年出演してました(^_^;)。
 結構梅雨時のややこしいときにやってたんですよね。雨天の場合、翌日に順延だったんですが、順延するとせっかくのオフが潰れるので(^_^;)、少々の雨でも「頼むからやってくれ~!」と祈ってました(^_^;)。
 今は大阪ドームに場所を移しましてしまい、我が母校も出演していないみたいで寂しい限りです。

Scritto da: ヒデ | 20 febbraio 2006 a 15:28

ヒデさん。トンネル、ありました?じゃあ、それを広げたのかなあ。3枚目の写真のトンネル入り口辺りが昔の駅入り口です。2枚目の写真が西宮球場跡。2000人の吹奏楽を毎年観に行きました。

Scritto da: アトムズ | 19 febbraio 2006 a 16:19

へ?あっちが西で、こっちが東?
訳わかりません(^_^;)。
西北と言えば最近は通過・もしくは乗り換えるだけなので、さっぱりですわ。
神戸線をくぐるトンネルは昔もあったような気がしますが、そのあたりにあった新歓コンパでいじられた店(^_^;)がなくなってますし(^_^;)。

Scritto da: ヒデ | 18 febbraio 2006 a 23:13

ヒデさん。お約束のレス、感謝感謝。
ヒデさんが言われている道は恐らく2枚目では?1枚目の写真は今津線の西側になります。球場への道は今津線の東側でしたよね?私は丹波屋(こんな字?)のおはぎが懐かしい。昔はその道の突き当たりがロータリーになっていましたよね?今はそこがトンネルになって山側に抜けてるんです(3枚目)。で、ロータリーは今津線の西側になっているんです。そういや、いつかみんなで西宮球場に行きましたよね?確かタツジが投げていたかと思います。

Scritto da: アトムズ | 17 febbraio 2006 a 20:48

これはどこの風景やねん、というような図ですな。特に1枚目。あの小汚い歩道を通って、弁当でも買ってから西宮スタジアムへ…。で、横断歩道を渡ったらダフ屋のおばちゃんが気さくに声をかけてくる、ちゅう風景が懐かしく思い出されます。久しく離れた者にとっては急にハイソになってしまって寂しいですね。

Scritto da: ヒデ | 17 febbraio 2006 a 19:13

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« ワールド・ゴーズ・ラウンド | Principale | 夕景撮りに… »