« febbraio 2006 | Principale | aprile 2006 »

marzo 2006

30 marzo 2006

ラテンで大フィーバー

060328pinky 今陽子さんが2ヶ月に1度銀座スイングでやっているライブ。毎回は行けないが前回のバースデーライブ以来5ヶ月ぶりに行こうと思ったのは、共演の国分弘子さん。昨年夏にNHKのBSーhiビジョンの「ふれあいホール」に陽子さんが出演したのだけど、その時の司会が彼女だった。ピアノも凄いなあと思ったけど、司会も出過ぎず、引き過ぎず頭の良さを感じる方で、一度、ナマで拝見したいなあと思っていた。
 感想は行って大正解。今まで3回行ったけど、いちばん良かった。最高だった。国分さんの得意分野はラテンということで、ノリノリのステージで、陽子さんの良さを凄く引き出してくれた気がする。
 歌は、元々のレパートリーが多く、知っている歌も多かった。控えて来なかったので、全部覚えられなかったが、「ベサメムーチョ」「Love for sale」「ウナセラディ東京」「君の友達」「デイトリッパー」「テネシーワルツ」「Wave」「マシュケナダ」など。
 「Love for sale」はこのスイングでも以前歌っていたが、今日の方が良かった。
 このブログにも書いたが、宮川泰さんがなくなったことを偲び、宮川さんの代表曲である「ウナセラディ東京」。宮川さんの思い出話などもしてくれた。
 「君の友達」はあまり歌うことはないけど、1979年のマンスリーコンサートの初回に突端に歌って以来、私は大好きな歌である。今日聴くのはあれ以来27年ぶり。思いも掛けない選曲に感激だった。
 「テネシーワルツ」を歌う前には、綾戸ちえのものまねがあり、大受けだった。綾戸ちえがCMでピアノを弾きながら歌っている「テネシーワルツ」だが、大袈裟なリアクションは、昔、藤圭子や山本リンダで受けた物まねを彷彿とさせるものだった。何だか懐かしい。「アクション&リアクション」なんてステージでのレパートリーがあったな。「何か怒られているみたい(^_^;)」と言う綾戸ちえの「テネシーワルツ」そっくりだった。
 最後は「マシュケナダ」の大合唱で大盛り上がりだった。
 アンコールは国分さんアレンジの「恋の季節」。これは昨年の「ふれあいホール」で3パターンのアレンジがあった続きで、国分さんバージョンのアレンジである。ラテン風でいちばん陽子さんらしくて、一番良かった。さすが、国分さん。陽子さんの良さが解ってるなあ(^_^)。
060328k_p 今日のステージでは国分さんのトリオであるドラムスとベースのお二人もとても楽しい方で、ステージを盛り上げて下さった。
 ステージの合間には店の外で、臨時サイン即売会。陽子さんの歌が2曲入っているCDを販売していた。オウンCDじゃないし、ジャケットが付いているわけでもなく、人から借りればダビング出来るが、やはり、陽子さんのCDはオリジナルを持っていたいので購入した。
 ステージ終了後、いつもの様に少しお話出来たし、写真も撮って貰えた。今日は国分さんも一緒に撮って貰った。国分さんもブログ用に陽子さんとのツーショットを撮っていた。
 国分さんってピアノもパワフルだし、才能があってとても素敵な方でした。これからも陽子さんとのジョイントがあれば良いなあ。本当に楽しい一時、陽子さんと共に国分トリオの皆さんも有り難う御座いました。

| | Commenti (0)

29 marzo 2006

開幕前の神宮球場

060328miyamoto 31日からプロ野球ペナントレースが始まる。また、スワローズのページを作らなければならず、その表紙に使う為、28日、空いている時間を利用して、神宮球場まで写真を撮りに行った。
 信濃町から外野経由、正面へ廻って外苑前から帰る算段。こぶしで選手が練習でもしてないかなあと思ったが誰もいない。球場が近づくとスワローズ選手のポスターがあちこちに貼られている。やがて神宮の外野が見えて来る。この瞬間が好きなのだ。神宮…私達の聖地。大体、信濃町方面から行くことが多いので、外野の外観が姿を表すと「神宮へ来た」と思うのだ。
060328gato 開幕の頃はいつも外苑の桜が満開で美しい。今日も7分くらい咲いている。外野入り口には既に開幕カードの横断幕が張られていた。ここから球場に沿って歩いていると、と、ある選手が自転車に乗ってこっちに向かって来る。城石だ。ちょっと感激。でも何も声も掛けずすれ違う。
 クラブハウスの前には数人のファンが待っていた。子供や男性のファンが殆どで、ミーハーギャルはいない。急遽私も待ってみることにした。
060328sirosihi そこで、出会った選手の好感度。
 超感じ悪い…八重樫、杉村、土橋。ファンがサインを頼んでも「無視!!!」ファンを大切にするのが古田スワローズの方針じゃないのか?コーチがこれじゃ、どうしようもないね。誰も本気で八重樫のサインなんか欲しがっているとも思えないけど、声掛けられて無視はないだろう。会釈くらいしてやれよって感じ。土橋も同様。急いでいたのかも知れないし、口べたというのもあるかも知れないが、プロはそんなこと言ってられないだろう。本当に感じ悪かった。
 やや感じ悪い…宮本。一応、足を止めてファンにはサインをしていたし、カメラを向けるファンには顔を向けていたが、言葉も笑顔もない。
060328miyade 普通…ガトームソン、城石。サインもしていたし、表情も特に悪くなかった。
 感じ良い…真中。渡辺コーチ。真中は明るい。みんな自転車に乗って出て来るのだが、「サインお願いします」と言うファンに「ごめ〜ん。急いでるんだ〜」と明るく言って去っていった。本当に急いでいたのだろう。無視ではなくて「サインしてあげたいんだけど」という気持ちもこの一言で伝わったので、土橋とは違うなあと思った。微笑んでしまうくらいだったもの。もう5分早く出て来ればファンサービスも出来るのになとは思ったが。渡辺コーチはスーツ姿で外に停めてあったマイカーに乗り込もうとするところを年輩のファンにサインを頼まれ気軽にサインをしていた。八重樫とは違うな〜。
 超感じ良い…宮出。練習から自転車で帰って来たところをサインを頼まれる。クラブハウスの敷地内に入っており、守衛が「もう駄目。下がって」みたいなリアクションをすると、「良いよ。良いよ。して上げよう」と言いながら、笑顔で門の外に出て来て全員にサインをしていた。
 私の中での感じの良い選手リストに、石川、ラミに加え真中、宮出を加えることにしよう(^_^)。
 16時くらいまでクラブハウス前で頑張っていたが選手の出入りも暫くなさげだったので、正面玄関の写真を撮りに向かう。
060328aoyama そして、外苑前に向けて歩き出すが、青山商店街にはスワローズを応援する横断幕が張られており地域密着を掲げる古田スワローズの一端を垣間見た気がした。
 開幕戦は見に来れないが、思わぬ収穫があった神宮詣でだった。いよいよ今週末から公式戦開幕。秋には神宮で古田の胴上げが観れることを楽しみにしている。

| | Commenti (5)

28 marzo 2006

神戸空港

060328ap_kobe01 出来るまでは大反対だった神戸空港がついに出来てしまった。出来てしまったからには一度使ってみるかと思っていたところ、スカイマークエアラインズが神戸ー東京、普通運賃1万円で売り出した。1万なら新幹線よりかなり安い。それに伊丹は伊丹まで行くのに交通費が高く、多少安くても新幹線の楽さを選んでしまうが、神戸空港なら三宮からの交通費もそれ程高くなく、2008年までは駐車料金が1日目は無料だ。家から空港まで有料道路代が片道500円なので2000円で行ける。
 ということで、今回の東京行きは空路で行くことにした。山麓バイパスから港島トンネルを抜けて空港まで1本道なのだが、神戸は東西の道が幹線であり、その幹線を何本も横切らなくてはならない為、信号にひっかかることが多く、40分ぐらいかかった。帰りはラッシュにかかり、1時間近くかかってしまった。
060328ap_kobe02 新神戸の下をくぐって行くのも複雑だ。家は地下鉄沿線の為、新幹線なら新神戸からすぐに乗り継げて、20分で最寄り駅に着く。東京で新幹線に乗ったら3時間ちょっとで新神戸に帰って来れる。飛行機は羽田までも面倒だ。時間もかかる。やはり、東京は新幹線が便利で楽。まあ、でも1万円なら値段が安いから、それだけのメリットでまた使うかなあ〜。別になくても良い空港だという思いは変わらない。
 空港はちゃちいと何人かから聞いていたが、ポートライナーの駅も繋がっており、なかなか大きい。一応、国際空港のセントレアもこんなもんだったと思う。一応、出発ロビーと到着ロビーは別フロアになっており、但馬空港よるは全然マシだ。
060328ap_kobe03 スカイマークエアラインズでは一切の機内サービスを中止することで価格を下げていると言うことで、飲み物サービスはなし。それは結構頂ける。東京まで1時間の間に飲み物サービスも不要だし、キャビンアテンダントがウロウロするのもうるさいので、1時間静かに過ごせることはなかなか良い感じ。
 機材は小さくてぼろい。大体、大阪ー東京はANAもJALも大きな飛行機だし、飛行機を利用するのは札幌とか那覇とか幹線ばかりで、いずれも大きな飛行機なので、何だか変な感じ。スクリーンも音楽もない。こんな飛行機はイタリアの国内線で乗るくらいだ。ミラノやローマから、ナポリ、パレルモ、バーリなどへはこんな飛行機だった。ああ、またイタリアへ行きたくなって来た。
060329ap_kobe01 東京へは新幹線が楽で便利なのだが、私は飛行機が嫌いではない。滑走路までゆっくりゆっくり移動し、一旦、停まってから、徐にスピードを上げて離陸する。窓の外にはターミナルビルが流れ去る。そして、機体が中に浮く瞬間。そして、今までいた場所が眼下に遠ざかって行く。そんな流れがとても好きなのだ。人間は本来空を飛びたいと言う欲求を持っているのかも知れない。
 しかし、今回は行きも帰りも落ちたらどうしようとちょっと不安があったけど。やはり機体が小さかったからかなあ。

| | Commenti (0)

26 marzo 2006

秘密のお食事場所

060325 職場のパートさん(グルメ)が以前から勧めて下さっていたレストランにやっと行くことが出来た。
 手の込んだプチ懐石が昼だと1000円で食べられるとのこと。まあ、期待はしながらもそこは「1000円」の期待だった。
 幹線沿いにあると聞いて行ったが、小さな店なので見過ごしてしまった様で、Uターンして来たところでみつかった。
 店内は聞いていたとおりそれ程広くはない。カウンター席7〜8席といろりを囲んだテーブル席が6席。それを女主人1人で切り盛りしている。
 11時30分の予約で行ったが、まだ、料理が出来ておらず、ポットのほうじ茶を飲みながら、待つこと30分。出て来た料理は大きなお皿に細々と数種類の料理が盛られている。だし巻き、酢の物、木の芽和え、こんにゃくの田楽、鮭の中にポテトを入れて焼いたものなど。
 これだけの種類の料理を作るのはなかなか大変だろう。写真に写っているもの以外にもみそ汁、天ぷら3品、五穀米などが付く。これで1000円?倍は取っても良いな。30分待たされたことも苦にならない内容だった。
 開店時間は11時30分〜14時までだが、予約すれば夜も開けるらしい。夜はコース料理のみ。3000円より。予約は1日1組のみ。2名以上での予約受け付けとなる。昼、たった1000円でこれだけ食べられるなら、夜はどんな素晴らしい料理が出て来るのだろう。これは是非行ってみる必要がある。
 多分、口コミで訪ねる客が殆どだろう。人には教えたくない隠れ家的な店だった。

| | Commenti (2)

22 marzo 2006

宮川泰さん、逝く

060321miyagawa 宮川泰さんが亡くなった。ついこの間までお元気だったと思うのだが、本当に驚いた。宮川さんと言えば、藤山一郎さん亡き後、紅白歌合戦ラストで歌う「蛍の光」の指揮を担当していた。確か昨年もされていたのではないかな。
 私はアレンジャー、音楽監督としてのイメージが強いが、作曲家としてもたくさんのヒット曲を残されている。
 1972年、ピンキラから独立してソロとなった陽子さんが最初に出したアルバム「ピンキーひとり歩き」は恩師いずみたくさんを離れて、いろんな作曲家に作品を貰ったものだった。その中で、宮川さんは「青空の誘惑」「愛こそすべて」の2曲を提供して下さっている。「青空の誘惑」は陽子さんの歌の中で私が最も好きな歌である。
 その前年に出した「ピンキラのポピュラー音楽史」はアレンジ勝負のアルバムだったが、その中で何曲かアレンジを担当して下さっている。
 写真は1972年12月に開かれた宮川さんのリサイタルに出演した時のもの。ソロに転向してすぐにミュージカルでの地方周り、そして、声帯ポリープによる2ヶ月休養となったソロ1年目。復帰後初の大きなステージだった。
 私の中では服部克久さん、前田憲男さんと共にとアレンジャーの第一人者という印象がある。日本の音楽界にとっては貴重な存在であった。失ったものはあまりにも大きい。宮川さんが残したものを後世へ繋いでいける力のある歌手も少なくなったが、素晴らしい音楽を陽子さん達に残していって貰いたいと思う。
 宮川泰さんのご冥福を心よりお祈り致します。

| | Commenti (0)

13 marzo 2006

なごみ系

060313 毎日、しんどいこと多いけど、このひつじを見ていると心が和むなあ(^_^)。本当は足乗せ枕なんだけど、勿体なくてそんなこと出来ません。抱き心地も満点。
 今日はテレビで久世光彦さんの追悼番組として「寺内貫太郎一家Part1」の初回と最終回がありました。懐かしいなあ。1974年の放送。私、中学卒業間近から高校入学した頃です。今陽子さんが結婚した頃。Part2には陽子さん、レギュラーで出ていたんだけどね。今のドラマと比べると、非常にテンポはゆっくり。でも、こういうドラマ、心が和みます。昭和の良き時を感じます。時間がゆっくりと流れ、何かあくせくしていなかった様な気がします。今はこういう暖かなものがない気がします。
 急に現実に戻りますが、ライブドアの上場廃止が決定。折角、相場も落ち付き始めて来たところなのに、また、影響出ないかな。明日が心配だ。

| | Commenti (2)

08 marzo 2006

綾部山梅林

060308nanohana 梅見に行って来た。以前、月ヶ瀬に行ったことがあるが、今回は近場の綾部山梅林。姫路の少し向こうのたつの市にある。
 駐車場で「まだ咲き始めですが、良いですか?」と聞かれたが、ここまで来て帰るわけには行かず、中に入った。
 「・・・」ほんまに咲いてない(^_^;)。つぼみかたし。菜の花は奇麗に咲いているが梅はさっぱり。園内は坂道で山に登って行く様になっている。ところどころ咲いており、その少ない咲いている梅を求めて人は集まっていた。途中の茶屋で、甘酒か梅ジュースのサービスがある。私達は梅ジュースを頂いた。
060308ume1 青息吐息で見晴台まで行ったが、ここはまるで咲いていなかった。一周回って入り口まで戻って来たが、お目当ての地蔵がない。あの、可愛いお地蔵さんはどこだ?地図にも案内にも載っていない。あのお地蔵さんを写真に撮りたいのに。…と思って切符売り場で聞くと、結構、上の方。もう上まで上がる元気はないが、お地蔵さんは見たいと困っていると切符売り場のおっちゃんが、上の入口まで車で行って自分(おっちゃん)の名前を言って入れば良いと言ってくれた。
060308ume3 時間もお昼を廻っているので、先に昼食にする。今日は室津漁港の近くにある魚料理の店で食べようと決めていた。まるよしと言う店。やや高いが刺身、煮魚、魚のから揚げが美味しかった。今日は時間がなかったが、この街並みも絵になる被写体がたくさんあった。
 食後また綾部山に戻り、山の上の南入口近くに車を停めて、切符売り場で説明して中に入ると、ありました!お地蔵さんがにこやかに迎えてくれている。やったー。念願のお地蔵さんだ。
060308jizo お地蔵さんを心行くまで撮影した後、隣にある世界の梅公園へ行く。裏から入ったので、中心地まで1km程歩くことになった。しかし、こちらは梅の開花具合もやや良い様だ。建物もゴミ箱も中国風で、何だか楊貴妃にでもなった気分で園内を散策。
 マクロ、広角持参で行ったが、広角はどう使ったら広角の良さが出るのか、よく解らず、あまり使えなかった。
 本当に今日は良く歩いた。今日は暖かく、ブラウス1枚で良いくらいの陽気であり、春風がとても心地よい1日であった。
また、詳しくは写真も添えてHPにアップしますが、取りあえず、ブログで。

| | Commenti (2)

« febbraio 2006 | Principale | aprile 2006 »