« 醍醐桜 | Principale | 同窓会 »

22 aprile 2006

献血

 買い物に出かけた先に、献血の出張バスが来ていたので、久しぶりに献血して来た。献血は結構趣味である。最初に献血したのは大学の時。その当時は、輸血した人はその分返さなければならない制度であり、高校の時の英語の先生の娘が輸血を必要としており、その返却分の協力を依頼されたのだ。大学の同級生にも協力を願い、神戸の日赤まで、献血に行った。
 献血は自分にとっても健康チェックになるというメリットがある。調べてくれた結果を後日送付してくれる。たまに血を抜いて貰うのも血液が新しくなる気がする。
 噂によると、女性は献血出来ない人が多いらしいが、私は出来ないと言われたことがない。今日も検査して「出来ません」と言われている人がかなりいた。共通していることは、どうも細身の人が多い様だ。確かに女性に多いが、細身の男子高校生も断られていた。
 私なんか、何年か前に400ml献血が許可された頃、いきなり「400ml献にご協力頂けますか?」と聞かれたくらい。今日も問題なくOKだった。もうひとり、献血許可が出た女性は、明らかに「デブ」と言われる体型だった。これって、喜んで良いのだろうか?
 ま、献血が出来るということは、健康の証し。献血したくても出来ない人は多いのだから。喜ぶことにしよう。
 前回は、400ml献血している途中で血液が凝固して230mlしか取れなかったが、今日は数分で400ml取れた。
060421 デジカメを持って出なかったし、携帯も忘れて出たので、献血車の写真が撮れなかった。関係ないけど、今日、買って来たアンテノールのケーキの画像でも。今日は給料をメインバンクに入れ直しに行き、その帰りにケーキを買って来た。給料日はケーキを買うのだ。
 しかし、デジカメは常備していないといけませんね。

|

« 醍醐桜 | Principale | 同窓会 »

Commenti

JAY’君。こんばんは!
東京ヤクルト、なかなか波に乗れませんなあ(-_-メ)。
メガネデーに行かれていたのですね。
そんなサービスより、おもろい試合せえ!と739見ながら思っていました(^_^;)。
献血ルームな自販機がタダだし、テレビもあって結構良い休息場所ですよね。
私も1〜2度行ったことありますが、遠いので、普段は出張バスです。
アンテノールは三宮が本店なのかな?
神戸はケーキだけは美味しいと自慢出来ますね。
私はフーケ派なのですが、食べ過ぎて飽きて来たので、
最近、アンテノールに凝っています。高いけど。
美味しいケーキ屋さんは大体フーケから暖簾わけした店が多いです。
そうそう、最近話題の三田のパティシエ・エス・コヤマのロールケーキ、なかなか行けます。

Scritto da: アトムズ | 25 aprile 2006 a 01:25

 トラックバックありがとうございます。

 blogにも書いてますが、私も結構やります>献血。
 最初のうちは健康診断代わりがメインでやってましたが、各献血ルームの設備の良さ、処遇品の良さが気になるようになり、いろんな献血ルームに行くようになってしまいました。

 アンテノール、美味しいですよね〜。
 確かアンテノールはそちらが本店ですよね?。
 実は横浜駅近辺にも2店舗もあったりします。

Scritto da: JAY' | 24 aprile 2006 a 23:05

女性は良く比重が足りないと言われていますよね。
相対的に細身の人が言われていますが。
ヨーロッパでもイタリア滞在は良いらしいです。
イタリアでも英国産の牛肉はあったと思いますが…。

Scritto da: アトムズ | 23 aprile 2006 a 01:06

献血は高校・大学の頃はときどきやってましたが、
就職していつか献血に行ったとき2回続けて
「比重が足りない」とダメだったことから、
それからやってないですね。
別に貧血とかじゃないんですけど。
現在は検査前から献血できません。
BSEの影響です。
英国に1980年から1996年までに1日(1泊)以上の滞在歴のある方は
ご遠慮ください、と条件がつけられてて、わたしがこれに該当します。
89年と90年にロンドンに滞在してます。
でもそのとき何食べたかなんてもう覚えてませんけど。

Scritto da: ごんふく | 23 aprile 2006 a 00:30

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« 醍醐桜 | Principale | 同窓会 »