« aprile 2006 | Principale | giugno 2006 »

maggio 2006

31 maggio 2006

窟屋の金水

060531miki1 今日は天気も良いので、近場に出かけてみることにした。掃除仕立てのNikon D70とCOOLPIXを持って出発。
 まずは先日「ちちんぷいぷい」(MBS)で取材していた「窟屋の金水」。三木市にある「志染の石室」にたたえられた金色に輝くと言われる水である。テレビではうまく映っていなかったので、この目で見て見たかった。天気の良い日の方が光が当たって奇麗とのこと。今日は天気が良いし、良いかな。
060531miki2 テレビで放送されたから、人が多いかなと思ったけど、駐車場には2台車が停まっているだけだった。田畑のど真ん中に駐車場があり、ここから山道を100m程入ったところに石室はある。
 日本書紀によると飛鳥時代、後の顕宗天皇と仁賢天皇が幼少の頃、政変の難を逃れて隠れた石室と言われているそうだ。高さ2.7m、幅14.5m、奥行き7.2mの石室の中に湧く水が、ここに生息しているひかり藻の作用で、春には溜まり水が金色に輝いて見えるなど、四季折々に色を変えることから「窟屋の金水」と呼ばれているのだそうだ。ただ、最近は溜まり水が金色に変わることは稀だそうだ。 
060531miki3 今日は、この後、呑吐ダム、三田方面にも足を伸ばす予定であったが、志染の石室に着いてから、カメラバッグに入れた筈のコンパクトフラッシュがないことに気付いた。おかしいなあ。確かに入れた筈なのに、と思ってバッグ内のものを全部出したがやはりない。最近、物忘れが激しい.
志染の石室だけはCOOLPIXで撮って、呑吐ダムへ行くのは中止。今日はまっすぐ帰って来た。

060531miki4

 帰宅後、カメラバッグの底に敷き底があり、その下にコンパクトフラッシュが入り込んでいた(-_-メ)。

| | Commenti (0)

25 maggio 2006

播州赤穂

060525sakoshi あまりに天気が良いので、2日間の休み、ずっと家にいるのも勿体ない気がした。それに、私は今年、マンションの役員になっていて、家にいると小うるさいおばはんが人の生活ペースを無視してずかずかやって来て、折角の休みが休んだ気にならないので、出かけることにした。
 昨年、コープ神戸が出している広報に載っていた赤穂〜坂越の町が気になっていた。面白そうな町だし、海の幸も美味しそうだ。赤穂浪士発祥の地である赤穂城跡もある。それに、一昨年亡くなった私の高校時代の恩師は、確か坂越の出身だとおっしゃっていた。
060525kuidoraku
 昼前に家を出て、第2神明、加古川バイパス、姫路バイパス、龍野太子バイパス、R2、R250を走って有料道路代300円で13時30分に赤穂城跡に到着。まずは昼食をと、広報に載っていた「くいどうらく」を探し回って14時に到着。

060525kaisen

 漁港内にある食堂で、言わば、和歌山マリーナシティの黒潮市場の小型版。新鮮な魚介類のバーベキューが食べられるというので行ってみた。昼食時間から外れているので、私ひとりであった。ガスではなく、備長炭が入れられ、それで焼く。3675円は高い気はするが、魚介類は確かに新鮮で美味しかった。
060525akojo 坂越の町は絵になる風景も多い様であったが、こういう小さい町は車を停めるところがない。で、結局、写真はあまり撮れず仕舞い。歩く気がないと良い写真は撮れないね(^_^;)。

060525mikuji 海岸沿いに赤穂御崎経由で赤穂に戻り、赤穂城跡へ。大石神社に車を停めて、裏門から入る。立派な石垣、櫓があり、期待して、門をくぐると、もう外。まあ、赤穂城じゃないもんな。城跡だからこんなもんか。
 大石神社で久しぶりにおみくじを引くと、中吉。「相場:売るのは待て」。含み損覚悟で、買い換えようかと思っていたのだが、もう少し、様子見ましょう。
 帰りは、ETCの通勤割引時間帯となったので、ちょっと贅沢に山陽自動車道経由で帰って来た。半日じゃ、何も出来ないな。やっぱり。

| | Commenti (0)

24 maggio 2006

スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ

060524 美味しいスパゲッティを作りたいと思っていたが、なかなか、上手く出来なかった。料理も回数重ねると上手く出来るものだ。最近は手軽にまあまあ美味しいスパゲッティが作れる様になった。
 今日の昼食はスパゲッティ・アッレ・ボンゴレ。遅くにコープに行くとあさりが半額になっていたりするので、安く購入する。昨日も60円であさりを仕入れて来た。最近、立て続けに作っているので、30分足らずで簡単に作れる。
 トマトをスライスして並べると、カプレーゼが食べたくて溜まらなくなった。トマトのスライスにモッツァレッラチーズやバジルを乗せ、エキストラバージンオイルをかけて食べるのだ。最近、モッツァレッラが食べたくて仕方ない。
 南イタリアのモッツァレッラは、もう格別なのだ。日本では桁外れに高く、新鮮味も薄れるので、あまり買いたくない。南イタリアではカプレーゼばかり食べていた。
 南イタリアは夏に行かないと面白くない。夏は航空券が高くて、冬の様に気軽には行けない。今度はいつ行けるかなあ。南イタリア。プーリアも良いし、まだ行ったことのないカラーブリアにも行きたいが、もう一度カンパーニャ州へ行きたい。ナポリ、カプリ。アマルフィ、前回は天気が思わしくなかったので、今度は青い夏空のカンパーニャを訪ねたい。
 今日の昼食の締めはエスプレッソで、完璧、イタリアン。

| | Commenti (4)

12 maggio 2006

梅雨入り前の風景

060512fuji1 昨日、自治会長に公園の藤が奇麗なので、施設の利用者を連れて行ってやれと言われて連れて行ったところ、やや盛りは過ぎていたが、本当に奇麗だった。…がカメラを持って行ってなかったので、残念なことに撮影が出来なかった。今日の休みは幸い雨天続きの中の束の間に晴れ間。カメラ抱えて撮影に行って来た。藤を見て、まず花札を思い出すのは私くらい?
060512fuji3_1 藤棚は公園の少し高台にある。側らにツツジが咲き誇る階段を上って行くと、暇そうなオヤジが2人、談笑していた。「奥さん、残念やね。2〜3日前が満開やった」と言うので、「奥さんと違います」と応えると「すみません」と謝っていた。見た目でこの年齢だと「奥さん」と決められるのは甚だ不愉快だ。店先で「奥さん」「旦那さん」と言うのも嫌いだ。「お客さん」で良いだろ。私は必ず「奥さん違います」と言い返すことにしている。
060512fuji2 うちの自治会は公園がやたらと多いが、この公園は高台になっていて、見晴らしが良い。正面には明石大橋が見える。今日は少し霞んでいたので、はっきりカメラでは写せなくて残念だ。
 さて、梅雨入り前。今年は3年目になるので、気になっていたエアコンの掃除を業者に依頼した。自分でやっても奇麗に出来ないし、何年かに1度は専門家に頼むのが良いと思う。3人のスタッフが小1時間かかって、2台で13,500円はまあまあ安いのではないかな。結構、汚れていたみたいで、何かすっきりした。これで、今年の夏は爽やかかな(^_^)。

<おまけ>
060512hana


050612lavender

| | Commenti (2)

« aprile 2006 | Principale | giugno 2006 »