« 梅雨入り前の風景 | Principale | 播州赤穂 »

24 maggio 2006

スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ

060524 美味しいスパゲッティを作りたいと思っていたが、なかなか、上手く出来なかった。料理も回数重ねると上手く出来るものだ。最近は手軽にまあまあ美味しいスパゲッティが作れる様になった。
 今日の昼食はスパゲッティ・アッレ・ボンゴレ。遅くにコープに行くとあさりが半額になっていたりするので、安く購入する。昨日も60円であさりを仕入れて来た。最近、立て続けに作っているので、30分足らずで簡単に作れる。
 トマトをスライスして並べると、カプレーゼが食べたくて溜まらなくなった。トマトのスライスにモッツァレッラチーズやバジルを乗せ、エキストラバージンオイルをかけて食べるのだ。最近、モッツァレッラが食べたくて仕方ない。
 南イタリアのモッツァレッラは、もう格別なのだ。日本では桁外れに高く、新鮮味も薄れるので、あまり買いたくない。南イタリアではカプレーゼばかり食べていた。
 南イタリアは夏に行かないと面白くない。夏は航空券が高くて、冬の様に気軽には行けない。今度はいつ行けるかなあ。南イタリア。プーリアも良いし、まだ行ったことのないカラーブリアにも行きたいが、もう一度カンパーニャ州へ行きたい。ナポリ、カプリ。アマルフィ、前回は天気が思わしくなかったので、今度は青い夏空のカンパーニャを訪ねたい。
 今日の昼食の締めはエスプレッソで、完璧、イタリアン。

|

« 梅雨入り前の風景 | Principale | 播州赤穂 »

Commenti

Mattinaさん。毎度。
イタリアで私が食していたのは、どっちだったのでしょう?ブーフォラだと信じて食べていたのですが(^_^;)。
Mattinaさんが別荘建てたら是非アマルフィに呼んで下さいね。

Scritto da: アトムズ | 14 giugno 2006 a 22:38

ども、たびたび。
ブログは以前のテーマが著作権の関係で展開できなくなったので、ミクシィ日記コピーで再開しました(^^ゞ
まぁ、気負わずポチポチやっていきます。
モッツァレッラですが、ラッテ・ディ・ムッカつまり牛乳のもあって、イタリアでもこれが主流です。日本のスーパーで売っているクラフトのとかも、ほとんど牛乳のでしょう。
ブーフォラは独特の匂いがあるから、ムッカの方が好きだという人もいますしね。
私もショートパスタ苦手でしたけど、イタリアに住むようになってから好きになりました。
老後はリタイアメント査証を取ってやっぱりアマルフィに別荘かなぁ?ではでは(*^^)v

Scritto da: Mattina | 13 giugno 2006 a 11:37

Mattinaさん。お久しぶり。
ブログも日記式を復活されたのですね(^_^)。
モッツァレッラって水牛から採れたものを言うんじゃないのですか?そう思っていました(^_^;)。
プーリアではオレキエッテがよく出てましたよね。
私はショートパスタがあまり好きではないので、ロングパスタが食べられないのが辛かった(^_^;)。
カンパーニャと言えば、今でも憧れの土地、アマルフィのドゥオーモです。去年だったかBSーNHKで、1週間通しで、宮下先生がイタリアから生中継やっていましたよね。1日目がアマルフィで、やっぱり良いなあと思いました。

Scritto da: アトムズ | 12 giugno 2006 a 23:25

アトムズさん、遊びにきましたよ♪
あは、アトムズさんのブログもイタリア語仕様になっている!
レスするならやっぱりココでしょう(^^ゞ

日本で本当のモッツァレッラ(もちろんブーフォラの)を食べるのは無理ですよね。
入ってきてもバカ高いのはもちろん冷凍になっている段階でもうNG。

海が近いせいか、ウチのあたりは車30分も走らせると結構美味しいイタ飯屋があります。
値段も東京の3/2くらいですね。
夕べもダンナと小田原のピッツェリアに行ってマルゲリータ食べてきました。手打ちのオレッキエッテがあったのもうれしかった。日本に入っているドライのオレッキエッテってほんと美味しくないけど、自分で打つとなると手間がかかりますもんね、ショートパスタは(^^ゞ

晴れ女の私と、カンパーニャリベンジ行きましょう!もちろんカラーブリアもね。ではでは(*^^)v

Scritto da: Mattina | 12 giugno 2006 a 16:56

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« 梅雨入り前の風景 | Principale | 播州赤穂 »