« スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ | Principale | 窟屋の金水 »

25 maggio 2006

播州赤穂

060525sakoshi あまりに天気が良いので、2日間の休み、ずっと家にいるのも勿体ない気がした。それに、私は今年、マンションの役員になっていて、家にいると小うるさいおばはんが人の生活ペースを無視してずかずかやって来て、折角の休みが休んだ気にならないので、出かけることにした。
 昨年、コープ神戸が出している広報に載っていた赤穂〜坂越の町が気になっていた。面白そうな町だし、海の幸も美味しそうだ。赤穂浪士発祥の地である赤穂城跡もある。それに、一昨年亡くなった私の高校時代の恩師は、確か坂越の出身だとおっしゃっていた。
060525kuidoraku
 昼前に家を出て、第2神明、加古川バイパス、姫路バイパス、龍野太子バイパス、R2、R250を走って有料道路代300円で13時30分に赤穂城跡に到着。まずは昼食をと、広報に載っていた「くいどうらく」を探し回って14時に到着。

060525kaisen

 漁港内にある食堂で、言わば、和歌山マリーナシティの黒潮市場の小型版。新鮮な魚介類のバーベキューが食べられるというので行ってみた。昼食時間から外れているので、私ひとりであった。ガスではなく、備長炭が入れられ、それで焼く。3675円は高い気はするが、魚介類は確かに新鮮で美味しかった。
060525akojo 坂越の町は絵になる風景も多い様であったが、こういう小さい町は車を停めるところがない。で、結局、写真はあまり撮れず仕舞い。歩く気がないと良い写真は撮れないね(^_^;)。

060525mikuji 海岸沿いに赤穂御崎経由で赤穂に戻り、赤穂城跡へ。大石神社に車を停めて、裏門から入る。立派な石垣、櫓があり、期待して、門をくぐると、もう外。まあ、赤穂城じゃないもんな。城跡だからこんなもんか。
 大石神社で久しぶりにおみくじを引くと、中吉。「相場:売るのは待て」。含み損覚悟で、買い換えようかと思っていたのだが、もう少し、様子見ましょう。
 帰りは、ETCの通勤割引時間帯となったので、ちょっと贅沢に山陽自動車道経由で帰って来た。半日じゃ、何も出来ないな。やっぱり。

|

« スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ | Principale | 窟屋の金水 »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ | Principale | 窟屋の金水 »