« 同窓会 | Principale | スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ »

12 maggio 2006

梅雨入り前の風景

060512fuji1 昨日、自治会長に公園の藤が奇麗なので、施設の利用者を連れて行ってやれと言われて連れて行ったところ、やや盛りは過ぎていたが、本当に奇麗だった。…がカメラを持って行ってなかったので、残念なことに撮影が出来なかった。今日の休みは幸い雨天続きの中の束の間に晴れ間。カメラ抱えて撮影に行って来た。藤を見て、まず花札を思い出すのは私くらい?
060512fuji3_1 藤棚は公園の少し高台にある。側らにツツジが咲き誇る階段を上って行くと、暇そうなオヤジが2人、談笑していた。「奥さん、残念やね。2〜3日前が満開やった」と言うので、「奥さんと違います」と応えると「すみません」と謝っていた。見た目でこの年齢だと「奥さん」と決められるのは甚だ不愉快だ。店先で「奥さん」「旦那さん」と言うのも嫌いだ。「お客さん」で良いだろ。私は必ず「奥さん違います」と言い返すことにしている。
060512fuji2 うちの自治会は公園がやたらと多いが、この公園は高台になっていて、見晴らしが良い。正面には明石大橋が見える。今日は少し霞んでいたので、はっきりカメラでは写せなくて残念だ。
 さて、梅雨入り前。今年は3年目になるので、気になっていたエアコンの掃除を業者に依頼した。自分でやっても奇麗に出来ないし、何年かに1度は専門家に頼むのが良いと思う。3人のスタッフが小1時間かかって、2台で13,500円はまあまあ安いのではないかな。結構、汚れていたみたいで、何かすっきりした。これで、今年の夏は爽やかかな(^_^)。

<おまけ>
060512hana


050612lavender

|

« 同窓会 | Principale | スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ »

Commenti

ぴろちゃん。コメント有り難うございます。
そうですよ。名前が解る場合は名前を呼ぶべきです。
例えば、我が家に仕事をしに来た業者なら名前が解っているはずなのだから、「○○さん」と呼ぶべきです。
イタ語なら「シニョーラ(ご婦人)」とか「シニョリーナ(お嬢さん)」とか言われます。
スペイン語は「セニョール」「セニョリータ」ですか?「コモエスタ赤坂」によると(^_^;)。
この写真はNikon D70で撮りました。レンズは標準です。私の技術じゃ、広角やマクロは必要なかったかも…。

Scritto da: アトムズ | 14 maggio 2006 a 00:37

うわー、写真素敵ですね。これは一眼での撮影ですか?
先日祖父母の法事で行った霊園は、藤の花で有名なところなんで楽しみにしていたのですが、すでに終わっていました。藤の花ってあんまり間近で見たこと無いかもしれない…。

見知らぬ人に「奥さん」とか「旦那さん」って呼びかけるのって、やっぱり失礼ですよね。日本語は、名前を知らない人に対する適切な2人称の単語がないからでしょうか(「あなた」では馴れ馴れしい感じ?)。

Scritto da: piroko | 13 maggio 2006 a 22:22

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« 同窓会 | Principale | スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ »