« 愛の国から幸福へ | Principale | 北海道車事情 »

29 luglio 2006

旭山動物園

060727shirokuma 北海道の最終日は、北滝町のひまわり畑へ行くか、旭川周辺で過ごすか悩んだ挙げ句、運転も少々疲れて来たので、旭山動物園へ行くことにした。市街地から車で30分程。西口近くの有料駐車場はスルーして、東口の無料駐車場へまわる。
 旭山動物園の園内は勾配がきつく、東口は高い方にあり、動物のいるところまで、かなり階段を下りなければならず、降りてからも下りながら見学して行くことになる。帰りはひたすら上らなければならないので、かなりきつい。
060727pengin 動物園なんて何年ぶりかなあ。ひとりで動物園っていうのもなかなか楽しいもんだ。昔、NHKの「歌はともだち」という番組で、今陽子さんが良く歌っていた「動物園はZOO」と言う歌が頭に浮かんだ。
 久しぶりに猿やライオンや虎を見た。ぺんぎんもシロクマもアザラシも可愛かったな。でも、動物園には必須のゾウやキリンがいなかったぞ。
060727azarashi アザラシ館、シロクマ館、ぺんぎん館が、この動物園の目玉、人間が中から動物を見れる様になっている。シロクマ館は行列が凄くて諦めたが、アザラシ館は確かに面白かった。
 賛否両論あるが、私は行って楽しかった。ここが特別素晴らしいとは思わないが、大人になってもたまには子ども心に戻って動物を眺めて見るのも良いものだと思う。
  ♪明日 パパと 行くんだ 動物園だ 動物園だ 1日中だよ ホントだよ 楽しいな  さあ着いたぞ ZOO ZOO ZOO…
 午後は初日に見そびれた美瑛のパノラマロードへ行き、今度はゆっくりと探しながら回ったので、一応、めぼしいところは制覇出来た。美瑛の美しい風景はパッチワークの丘よりもパノラマロードの方なのだ。
060727panorama

|

« 愛の国から幸福へ | Principale | 北海道車事情 »

Commenti

たけざおさん。初めまして。ご訪問、有り難う御座います。九州か沖縄にお住まいですか?
 旭山動物園は賛否両論あり、行こうかどうか迷ったのですが、折角、旭川まで行っているのだから、話題の動物園に行かない方はないだろうと思って行きました。行って良かったです(^_^)。
 写真を褒めて頂き嬉しいです。ブログ盛んな中、本当のHPを作る人が減っていますが、私はあくまでも、ブログはコーナーのひとつだと思っており。必ず旅行記を書きます。良かったら、またそちらもご覧頂ければ嬉しいです(^_^)。

Scritto da: アトムズ | 29 luglio 2006 a 22:40

ごんふくさん。書き込み出来ましたか?何で出来なかったんでしょうねえ。
ツアー、本当に多かったですよ(-_-;)。胸にバッジつけたおっさん、おばはん。子ども連れは意外と個人で来ている人が多かったです。帰ろうと思って駐車場に戻ると、なんと観光バスが何10台も停まっておりました(-_-メ)。ああ、嫌だ、嫌だ。団体客。国内くらい個人で回れよ。
「動物園はZOO」は特に持ち歌ではないのですが、「歌とも」では子ども向けの歌をたくさん歌っていましたから。そのウチの1曲なのです。楽しい歌ですよね。陽子さんにぴったりでした。ちなみにイタ語で動物園は「ゾー」と言います(^_^;)。

Scritto da: アトムズ | 29 luglio 2006 a 22:35

 はじめまして.
 「旭山動物園」は私も一度行ってみたい動物園です. 動物の写真がとてもよく取れていますよね. "あざらし"なんかは本当に間近で見られたようでうらやましいです. 北海道は遠いのでだいぶおあづけになりそうですが, この BLOG でちょっと北海道気分が味わえて嬉しかったです.

Scritto da: たけざお | 29 luglio 2006 a 18:49

話題の旭山動物園ですね。
マスコミによく出るし、この動物園に行くツアーの広告もよく見ます。
「動物園はZOO」という歌、わたしも覚えていますが、
あれ歌ってたの今陽子さsんだったんですね。
「ズー ズー ズー」という響きがなんともユーモラスな感じでした。
そのころは子供だったから、英語で動物園のことを
「ZOO」っていうなんてしりませんでしたが。

Scritto da: ごんふく | 29 luglio 2006 a 07:58

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« 愛の国から幸福へ | Principale | 北海道車事情 »