« タウシュベツ川橋梁 | Principale | 旭山動物園 »

28 luglio 2006

愛の国から幸福へ

060726hiroo 26日、帯広から旭川に向かう予定なのに、反対方向になる愛国駅と幸福駅。せっかく帯広まで来たからには、是非、寄りたかった。でないと、十勝も襟裳も行かないのに、何しに帯広まで来たか解らなくなる。幸福までは帯広から30〜40分とのこと。
 26年前に北海道に来た時は、まだ広尾線が走っていて、実際の駅として機能していたが、幸福駅は当時から無人駅で、駅前には土産物屋があり、観光目的だった様に思う。
 1975年には芹洋子が「愛の国から幸福へ」と言う歌を出して、結構ヒットしたと思う。♪幸福行きを2枚下さ〜いぃ〜 今度の汽車で出発しまぁ〜すぅ〜  この歌は今でも頭にこびりついている。口ずさみながら車を走らせる。ナビに出て来ない為、愛国駅は通り過ぎてしまい、先に幸福駅へ行った。線路がなくなっていること以外は23年前とあまり変わりははない。今は交通公園となり、電車が2輌展示されていた。帰りに愛国駅へ寄ったが、ここには蒸気機関車が展示されていた。
 帯広まで戻って、然別湖、糠平湖、層雲峡経由で旭川まで向かう。然別湖はとても美しい湖だった。湖が深い青、エメラルド色って言うのかな。本当に神秘的な湖だった。
060726sikari1
 思いの外早く着いたので昼食は糠平湖まで行ってから食べることにしたが、この糠平湖は寂れた温泉街で旅館も人気はせず、糠平湖は大した湖ではなく、話題にならないことが理解出来た。昼食を採れる様なレストランも殆どなかった。仕方なく入ったラーメン屋でタウシュベツ川橋梁のポストカードを目にした。ガイドブックで見て、行きたいと思っていたが地理に不安があったので迷っていたが、店の奥さんに来たら、地元の案内図をくれて詳しく教えてくれた。これで、タウシュベツ橋梁に行けたと思うと収穫だった。

|

« タウシュベツ川橋梁 | Principale | 旭山動物園 »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« タウシュベツ川橋梁 | Principale | 旭山動物園 »