« ターミナル | Principale | カメラの掃除 »

24 agosto 2006

先生の思い出

060824_1 高校の恩師が亡くなっていたとお嬢さんから葉書が届いたのは昨年の今頃だったと思う。すぐにでもお参りに行きたかったのだが、お嬢さんとなかなか連絡が取れず実現しなかった。やっと、今日、お参りに行くことが出来た。先生のお嬢さんは3軒程隣の家にご家族で住んでおられて、先生の自宅は今は無人なので、週に何回か空気を通しに来るそうだ。
 私が教えて頂いていた時、先生は今の私くらいの年齢だった。勉強があまり出来る高校ではなかったので、悪い子もたくさんいた。私も不良ではないが、決して優等生ではなく問題児であった。先生はそんな子程可愛がってくれた。
 ぺちゃんこの不良鞄を持っている子に対しては注意するのではなく、「新しい鞄、買ってあげるから」と連れて行って、買ってあげていた。私も他の教師から苦情が来ても庇ってくれて、あとで「あんまり困らせたらあかんで」とさらりと言われた。
 文化祭ではクラスで演劇をすることになり、休みの日も出て来て指導してくれた。りんご一箱買ってみんなに食べさせてくれた。私はみんなでひとつのものを作り上げることを学んだ。
 卒業の時には記念品を頂いた。卒業後はお嬢さんにもお嬢さんのご主人にも、先生のご主人にもお世話になった。
 先生の思い出は書き切れない。今なら贔屓だなんだとうるさいが、昔は本当にのんびりしていて良かった。先生だけでなく、どの先生も生徒を可愛がってくれる校風であった。私はこの先生に可愛がって貰えたのだ。
 年賀状が来なくなって2〜3年、心配はしていたのだが、やはり体調が悪かったらしく、私が最後の年賀状を出した時には、もう亡くなっておられたのだ。今日、やっとお参りさせて頂き、ほっとした。
 葬儀は学校関係には知らせなかった為、みんな後日、こうやってお参りに来ているそうだ。きっと空の上で出席簿を持って、「○○さん、来てくれた。△△君はまだ来てないな」などと言いながら、見ている様な気がする。

|

« ターミナル | Principale | カメラの掃除 »

Commenti

ごんふくさん。物事限度物でしょうけど、韓国はその頑張りで、国民の学力はアップしていますよね。日本の義務教育、ゆとりか何か知らないけど、明らかに、授業数が減って、学力落ちてますよね。
勉強だけが全てというのも教育とはなんぞや?と疑問に思いますが、今の義務教育はもう少し、勉強しても良いのではないかと思ったりします。勉強の出来なかった私が言うのもなんですが…(^_^;)。

Scritto da: アトムズ | 26 agosto 2006 a 00:33

わたしが高校生だったのはもうずいぶん前なので現在の状況は知りませんが、
どうも話を聞く限りでは「田舎の中途半端な進学校」が校則や勉強についてやたらうるさいみたいです。
要するに都会の名門校に追いつけ、というわけなんでしょう。
ウチの学校もやたら補習授業が多くて、国立大学に入れなければ人間じゃない、といわんばかり。
そういう学校の先生って、なんだか信用できないですよ。
 ところで、日本以上の受験地獄の韓国はもっとすごいらしい。
ある韓国人留学生の女性と話していたら、早朝の補習、夜間の補習があるため、
お弁当を朝、昼、夜の分三つもって学校に出かけていたそうです。
わたしが「ボーイフレンドつくるひまなんてないですね」と聞くと、
「ボーイフレンドなんて、とんでもありません!!」とバカなことを聞かないでくれと言わんばかりの返事でした。

Scritto da: ごんふく | 25 agosto 2006 a 22:19

 ごんふくさん。恩師のお嬢さんも(その旦那も)教師なのですが、教科書会社の人が、九州の進学校って凄いと言っていたらしいです。こちらの進学校はまだのんびりしている。九州の進学校は軍隊みたいとぴりぴりしていたそうです。中でも熊本と鹿児島が凄いらしく、そのお嬢さん、そこで初めて「熊高(くまたか)」と言う名前を知ったと言っていました。九州でも長崎と福岡は割とのんびりしているらしく、やはり文明開化の関係でしょうか?と言っていたのですが…(^_^;)。

Scritto da: アトムズ | 25 agosto 2006 a 00:32

アトムズさん、恩師と慕えるような先生を持てるなんてとても幸せだと思います。
わたしは小・中・高校時代はそういう先生がいませんでしたね。
中学のときの担任なんて脳ミソまで筋肉タイプの体育の暴力教師で、もう最低。
高校は成績さえよければなんでもいい、みたいな校風が大嫌いでした。
いまでも手紙のやり取りがある先生は、大学のときのゼミの先生。
ほんとに迷惑かけっぱなしで、就職が決まらないわたしを心配してくれました。
わたしが拙い手紙を書くと、まめに返事を書いてくださり、ありがたいです。

Scritto da: ごんふく | 24 agosto 2006 a 22:42

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



« ターミナル | Principale | カメラの掃除 »