« settembre 2006 | Principale | novembre 2006 »

ottobre 2006

26 ottobre 2006

チケット到着

 「ボーイフロムオズ」来月23日の大阪公演のチケットが昨日届いた。昨年は東京公演しかなく、主演ではないので東京までは観に行かなかったんだけど、陽子さんの熱演はかなり好評だったので、今から、楽しみ(^_^)。
 12月は年末に銀座スウィングでライブがあり、航空券の手配も完了(年末の為、スカイバーゲンがない上に、前割も1しかない(;_;))。今年は年末まで楽しみ多いなあ〜。

061026oz

061026tickt


| | Commenti (0)

23 ottobre 2006

THE 夜もヒッパレ

06102301 90年代中盤から日テレでやっていたヒッパレ。ビデオを引っ張り出して来て、久し振りに観てみたら、これがめちゃ懐かしい。ビデオもかなり傷んでいたので、休みの2日間でDVDに入れ直した。DVDにしたら、パソコンでも観れるので、ついついずっと観てしまう。2日間、今陽子さんの歌、聴き続けて、何か元気が出て来た。陽子さん、とっても素敵。着る衣装や髪型で、同一人物とは思えない程、いろんな姿を見せてくれる。40代の頃だけど、少女の様に可愛かったり、女性として可愛かったり、マニッシュでかっこよかったり、シックな夫人っぽかったり…。通して観ると歌う歌に合わせて考えていた様だ。他には何もしたくないけど、このDVDだけは何度でも観たくなってしまう。
06102302 ヒッパレなんて、ついこの間の様な気がするけど、もう10年以上前になるんだな〜。若い歌を私達が聴く、また、若い人達がベテラン歌手を知ると言う意味で、うまくジェネレーションギャップを埋めてくれた番組だったと思う。この年の紅白歌合戦は、若い人達の歌を知っていたから楽しみだった。今、老若男女に愛される歌はない。あの頃もそうだったけど、私達の時代の実力を持ったアイドル達が、その当時の若いアイドルの歌を歌ってくれることで、みんなが同じ歌を知ることが出来たと思う。番組最後の方はベテラン歌手が出なくなり、同じ若い世代のもの同士が人の歌を歌う番組となり、本来の目的が失われた様で、面白くなくなった。そして、番組は終了した。
 そのうち資料を揃えて、HPの陽子さんのコーナーにアップしたいと今、準備中。やりたいこと出来て嬉しい(*^_^*)。

| | Commenti (2)

12 ottobre 2006

小さい秋みつけた

 きんもくせいの香りがどこからともなく流れて来る様になった。 
 今日は職場の利用者の付き添いで、しあわせの村に行ったので、秋探しをしてみた。しあわせの村とは1980年(だったかな?)に神戸市が、北区の南端に作った巨大な福祉ゾーン。10年前まで、私もこの中にある施設で働いていた。
 紅葉にはまだ早かったが、あちらこちらに小さい秋がいっぱい見つけられた。
 明日は施設の運動会…。

061012_1

061012_2

| | Commenti (0)

05 ottobre 2006

価格破壊?!

061005 昨日、やって来たプレーヤーで手当たり次第にレコードを取り込んでいます。懐かしいところでは、奥山こー伸さんの「あめりか橋」や「今わかりかけて」など…。もう、聴けないかも、聴きたいなあと思っていたので、めちゃ嬉しい。ピンキラのレコードもやっぱりテープから録るよりも音が良いなあ。どんどん音楽が増えていくから4GBのiPodじゃ容量足らなくなって来た。nanoの6GB出たので買おうかなあ。大きいのは嫌だし。
 今日は近くにCAINZ HOMEが開店するというチラシが入っていたので行って来た。何と平日にも関わらず、店舗内の駐車場は満車で向かい側の未舗装の空き地が臨時駐車場になっていた。
 中は広いのでお客は多くてもまあまあ歩ける。ワゴンを押しながら安い物を片っ端から買って行く。広告に出ていた洗剤とティッシュペーパーは勿論のこと、店内歩いていると、何と歯磨き粉「white&white」が78円で出ていた。安くても100円なので、小躍りして5本ゲット!バスマジックリン88円3個ゲット。洗剤ブルーダイヤ198円8個入り1ケースゲット。あと、歯ブラシ、500mlジュース3本、詰め替え用ハンドソープ、クレラップ、テッシュペーパー5箱を2つなど、これだけ買い込んでも2000円台って何か凄くお買い得(^_^)。
 しかし、安いのに慣れてしまうと金銭感覚が麻痺してしまう。先日、担当している利用者の靴下がなくなったので、買わなければならなくなったのだが、いつも同僚に50円未満で買って来て貰っているので、これが普通の価格になっている。「安いところには暫く行かないけど、100円なら買って来ますよ」と言われたものの、「何ィ〜〜?ひゃ、100円〜?倍やんか。高い。高い。靴下は50円でしょう」と言うと「50円は安過ぎ。100円でも安いですよ!」と言われた。でもなあ、50円になれていると1足100円はぼったくりに感じてしまうから不思議(^_^;)。
 DVD−Rも100枚2480円で売っていた。1枚25円ですよ。私が中学の時は、60分のカセットテープが3本1000円だったのに。

| | Commenti (0)

02 ottobre 2006

デジタル時代

061002cd iPodに音楽を取り入れるのに、レコードからテープに録音したものをデジタル化していたのだが、面白くなって昔から録り貯めたテープを全部CDにしておこうと思い、作業にかかっている。丁度、テープも古くなり、最初がちぎれていて修理を要するものもあり、これは早急にCDにしておかないと2度と聴けなくなってからでは遅いと危機感持ち始めた。CDにしてみると、これがなかなか便利。テープだと頭出しが大変だが、CDだとすぐに聴きたいところへ飛べるのだ。保管も手軽だ。
 使用ソフトは銀座のアップルストアでiPodと一緒に購入したSound it!。まず、Sound it!でラジカセからパソコンにテープを録り込む。これが正味の時間を要するので、結構暇がかかるのだ。その後、不要な部分や雑音部分を削除していく。そして、iTunesに録り込んで、タイトルを編集してから、CDにダビングする。1枚1枚とても時間がかかるが、昔のピンキーのテープを聴くのはとても懐かしい。CDにはラベルマイティで昔の写真を使って作ったラベルを貼って出来上がり。
 パソコンに繋げられるプレーヤーを買って、レコードも入れ直そうかなと思っている。すっかり病みつき(^_^;)。ラベルも作って、レコードをCD化したい。
 そんなことをしていたら、今朝、メールを開いてびっくり(@_@)。何と、今陽子さんからメールが届いていた。事務所がやっているのかなと思ったけど、メアドはどうもご本人っぽいので、本物の様だ。最近、インターネット始めたとおっしゃっていたのだが、これがパソコン初メールとのことだった。パーカッションの白石啓太さんが師匠らしいのだが…。いやあ、昔、ニューヨークに勉強に行かれていた時にエアメールを頂いた時に続く感激だ。至る所にメアドを書きまくっておいて良かった(^_^;)。
 ブログも作ってくれたら良いのになあ。人に作らせるんじゃなくて、自分で手作りのブログを作って欲しいもんだ(^_^)。ノートパソコンとデジカメを持ち歩き、お稽古場からブログ更新してくれたりしたら、もう感激なんだけどなあ。

| | Commenti (0)

« settembre 2006 | Principale | novembre 2006 »