« 東京の風景 | Principale | 南京町のお正月風景 »

31 dicembre 2006

飛行経路

061228skymark 29日は2時間以上も早く羽田に着いたので、前方の窓側の席が取れた。後方窓側を取るくらいなら前方の通路側を取るし、国際線は前方、後方関係なく通路側を取るので、窓側に座ることは少ないのだ。
 夜なので、街の灯りを見るくらいしかなかったが、新しい発見が。神戸空港に着陸する前に大きく旋回するのだが、どこだろうかと思っていた。飛んでいる方向からどうやら東に向かっている様だ。しかし、前方にも後方にも明石大橋が見えない。一体、どこなのか。と思っていたら、眼下に明石大橋が見えて来た。奇麗だったなあ。明石大橋を上から見るなんて、そうそうある機会じゃないからね。明石大橋から大体、想像するに私の家の辺りも予想出来た。家の近くに降ろしてくれたら良いのに(^_^;)。八伏山に沿って走る国道2号も、ポートタワーも奇麗に見えた。
 旋回してから10分以上飛んでいたと思うので、姫路の辺りだったのかも知れない。ってことはかなり大廻りだよねえ。伊丹は紀伊半島を南から北上して空港に入るが、神戸はこれだけ大廻りしているのだから、伊丹より時間がかかって当たり前だ。関西には関西、伊丹、神戸と3つの空港がひしめき合っており、航空経路の制限が厳しいらしい。
 飛行機から、家の辺りが見えたということは、家からも飛行機が見える筈だと思い、21時10分頃、外を見ると、飛んでいました。飛行機が。西から東へ向かっていた。あれは間違いなく、私が昨日乗っていたスカイマークだ。今までは何気なく見ていた飛行機の灯り。どこから飛んで来たのか解ると、また、楽しいもんだ。
 ※ 写真は行きのスカイマーク。帰りの便はもう一回り小さかった様に思う。

|

« 東京の風景 | Principale | 南京町のお正月風景 »

Commenti

I commenti per questa nota sono chiusi.