« marzo 2007 | Principale | maggio 2007 »

aprile 2007

20 aprile 2007

受胎告知

074020museo 10時30分に羽田到着後、新宿のホテルに荷物を預けて、上野の東京国立博物館へレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」を観に行って来ました。
 鶯谷からの方が近いみたいだったので、鶯谷で降りたのですが、東東京の方はまだまだ駅舎も風流ですね。
 東京国立博物館は立派な建物で、日本にもこんなにりっぱな美術館があったのかとちょっと感動しました。
 さて、1500円出してチケットを購入し、本館を観ると長蛇の列。うっそ〜。並ぶの?1枚の絵を見る為に?そういや、ツアー以外ではウフィッツィも並んだことなかった。並ぶ様な時間は外していたので。
 入るのに15分くらいかかり、中に入ったら入ったで、予想通りの人混み。広い広い室内の奥に、鎮座していました。レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」。この広い室内にこの絵しかないのに、長蛇の列で、満足に観ることも出来ませんでした。
070420ueno_1 それに物々しい警備員の数…。それを思うと、ウフィッツィの凄さを感じずにはいられません。「受胎告知」「聖家族」「春」「ヴィーナスの誕生」…行けども行けども、名画の連続なのだから。いや、ウフィッツィに限らず、イタリアって芸術の宝庫ですよね。どの絵が1枚来てもこんな大騒動が繰り広げられるのだと思います。それに入場料も、ユーロになってからは行ってないので、今はいくらか解りませんが、リラの時代は確か10000リラだったと思います。つまり700円くらいですよね。あれだけの絵を1000円足らずでいつでも見られる環境って凄いと思います。
 第2会場には「受胎告知」の他に「東方三博士の礼拝」(自身の顔も描かれているんですよね)「キリストの洗礼」などの実物大のレプリカが展示されていましたが、ウフィッツィにある本物と見分けがつかない私には、ウフィッツィを訪ねること自体、豚に真珠でしょうか(^_^;)?
070420cat_1 ミラノのサンタ・マリア・デッラ・グラツィエ教会の「最後の晩餐」、その近くにある科学博物館、フィレンツェ郊外にあるヴィンチ村のレオナルド・ダ・ヴィンチ博物館にも行った自分は本当に贅沢だなあと思うのです。豚に真珠なのに。
 明日、時間があれば損保ジャパン東郷青児美術館の「ペルジーノ展」を見に行こうと思っています。「受胎告知」同様、現地で観た絵に日本で会えるのは、故郷の友達に異国であった様な懐かしさがあるのです。
※写真は、東京国立博物館、桜が終わった上野恩賜公園、公園にいた人なつこい野良猫

| | Commenti (3)

06 aprile 2007

今年の花見

 今日は勤務先の福祉施設の花見だった。施設から歩いて10分程の所にある公園だったが、それは見事であった。天気も良く本当に気持ち良かった。花は満開近しの8分咲きだった。
 昨年はたまたま3月下旬に東京へ行ったので、隅田公園、上野公園などの見事な桜を見て来たが、それにも負けない見事な桜だった。今年の花見はこれで十分だ。

070406sakura

070406sakura2

| | Commenti (0)

« marzo 2007 | Principale | maggio 2007 »