« 六義園 | Principale | その後の経過 »

12 novembre 2007

旧古河庭園

071102furukawa01 六義園と共に関心があったのは、昨年、jaydash君の日記で紹介されていた「旧古河庭園」である。アクセスを見ると六義園と同じ南北線沿線で、一駅である。一緒に回ることは可能だ。
 歩いても1km程なので、歩いて行くことに。途中、道中の蕎麦屋で昼食。狭い店内なのに、禁煙じゃない。昼食時間もこの狭い店内で何の問題もなく喫煙可能なことに驚いた。
 そう言えば、昨日行ったお台場のアクアシティも店内分煙の店があったが、関西だとあのクラスの建物は、建物内全面禁煙になっているところが多い。いつも、東京は禁煙が遅れていると思う。
 味も解らないくらい蕎麦を掻き込んで店を出ると、小雨がぱらつき始めていた。傘は持っていたが、さすと片づけるのが面倒なので、ささずに歩く。
 この辺り、いわゆる都心のお洒落な雰囲気はなく下町の情緒が溢れる。生活感の溢れる市場が並んでいたりする。東京のこういう一面も楽しいものだ。
 旧古河庭園に入ると、まず洋風建築の建物が目を引く。その周囲はバラ園に囲まれている。今が丁度盛りみたいで、鮮やかなバラが咲き誇っていた。
071102furukawa02 バラ園を更に下ると庭園になって池の周囲を散策する。紅葉の時期だとこの辺りが奇麗なのだろう。今年はまだまだ紅葉には遠い様だ。
 洋館の中は定時に館内案内ツアーが出ている様だが、知るのが遅く、最終ツアーにも遅れてしまい参加出来なかったことが残念だ。中は喫茶室になっており休憩。紅茶1杯600円以上したのは驚いたが、イギリス風の優雅な店内、紅茶も本当に美味しかったので、満足して帰路についた。

|

« 六義園 | Principale | その後の経過 »

TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57476/17057692

Di seguito i weblog con link a 旧古河庭園:

« 六義園 | Principale | その後の経過 »