« 今日も雨のペルージャ | Principale | 光生活開始 »

14 gennaio 2008

ローマの休日

080113roma01 最後の1日、天気予報では少し晴れ間が出る様な感じでしたが、やはり雨雲が垂れ込めています。寒いです。
 結局、ショーペロはあったのかなかったのか解らないまま、ブルマン移動に決めて、今、パルティジャーニ広場でローマ行きのバスを待っています。取り敢えず、バスは8時半にはあるそうで、第1関門突破。
 10年前にペルージャからローマへは多分鉄道だったと思うけど、乗り換えとか、全然覚えていません。ローマ方向へは直通が殆どないのですね。
 さあ、最後の大移動です。ローマ迄は帰れそうです。
 今、オルテを出て、あと45分くらいでローマ(ティブルティーナ)に着きます。 先程迄土砂降りでしたが、漸く雲が切れて太陽が見えて来ました。イタリアに来て初めて見る太陽です。
 先程、高速道路と平行して走るFSを新幹線の様な列車が走って行きました。あれがESかな?やっぱり、ショーペロはなかったのかな?でも、ストでもESは走らせるって言いますからね。ESが走っていても、ペルージャからのローカル線はどうだったか解らないし、ま、2時間半で15ユーロならバスでも良かったと言うことで。
 ローマ方向、益々明るくなって来ました。嬉しい(*^^*)。太陽がこんなに嬉しいなんたねえ。
080113roma02 ティブルティーナからは地下鉄でテルミニまで移動。ターミナルから駅まで、もっと大変だと思っていましたが、案外近かったです。地下鉄の改札には扉が付いていて戸惑いました。それに、LineaBは、昔は駅も車輌ももっと綺麗で新しい感じでしたが、A並みに落書きされていて汚くなっていました。
 テルミニについてホテルへ行くのに、方向は覚えていたのですが、正面の500人広場の方に出てしまった為にかなり大廻りになってしまいました。
 太陽が見えて喜びも束の間。市内に着いた時は、まだ晴れ間があったのですが、ホテルにチェックインして、さあ観光と思った途端、雨が降り始めました。かなりの降りで、ここまで来るとかなり凹みますね。
 びしょ濡れになって歩くのも大変なので、雨が上がるのに期待して、予定変更して先に食事にしました。これが正解で食べ終わる頃には晴れて来ました。  
 昼食は10年前のシチリア隊の時にオフをした日本人オーナーの店に行ったのですが、ローマ料金なのか、日本人を舐めているのか、自分でのメニューの計算より10ユーロは余計に取られました。サービス料やらコペルトやら、ひとつひとつの料金が高いのでしょう。ウンブリアの倍近かったですよ。
 結局、イタリアに来て晴れたのは半日だけです。なので、今日は晴れ間を惜しんで歩き回りました。 行きたいところが多過ぎて、迷いましたが、まずはサンタ・マリア・マッジョーレ教会へ行き、そこからスタートします。ナッツィオナーレ通り、9月4日通りを横切ってバルベリーニ広場へ。途中、4つの噴水、バルベリーニ宮が見えました。バルベリーニ広場にあるトリトーネの噴水は、ローマの噴水に中でも好きな噴水です。
080113roma03 次はトレビの泉。流石は観光地で、たくさんの観光客で賑わっていますが、やはり、ここにも日本人はいませんでした。ヴェネツィア広場も行きたかったのですが、日暮れまでに回りたいところが多過ぎるのでパスして、パンテオンに行きました。パンテオンに来るのは3度目ですが、この大きさには圧倒されてしまいます。ローマの歴史を感じます。中にも入って見ましたがやはり空間の大きさに圧倒されます。
 パンテオンまで来たらナヴォーナ広場にも立ち寄りましたが、工事中で噴水や彫刻は見れませんでした。サンタンジェロ城は行ける時間でもありましたが、入ってしまうと時間を取ると思ったので、外から見るだけにして、コンディッティ通りを通って、スペイン広場へ。
 ここで、ルコラインの靴を買いたかったのだけど、店は正面にあり、すぐ解りました。まだ、多少明るいうちにポポロ広場まで行ってから、再度、スペイン広場に戻り、念願の靴を買いました。ユーロは高いけれど、やはり生産国。日本では買えない値段でした。ちなみに今回は買うつもりのなかったマンダリーナダックは軒並み200ユーロ越えていました。ちょっと買えませんね。
 そろそろローマ観光も終わり。イタリア旅行も終焉を迎えつつあります。名残惜しく、スペイン広場に佇んでいましたが、帰らなくてはなりません。地下鉄で帰るのは惜しいので、帰りも徒歩で、ローマの道を踏みしめて帰って来ました。明日はとうとう帰国です。ホテルに帰って来る前に、テルミニ駅でレオナルドエキスプレスのチケットも買って来ました。
080113roma04 やっぱり、ローマは良いですね。もう5年以上は来てないと思います。昨日迄は早く帰りたかったのに、今日は帰りたくないなあと思いましたよ。天気による部分が大きいと思いますが。
 日本人はローマにもいませんでした。ほんとにいませんね。流石にローマですから、ちらほらはいましたが。昔はローマなんて至るところ、日本人団体のバスが走り、赤いフェラガモの紙袋を抱えた日本人が町中を闊歩し、トレビの泉やスペイン広場なんかざっと見渡しただけで5〜6団体はいたものですが。 胸にバッジをつけた日本人は全く出会いませんでした。一体、どこに消えてしまったのでしょうか。神隠しにでも遭った様な気がします。 あれだけ鬱陶しかった日本人団体、これだけいないと逆に寂しいですね。

|

« 今日も雨のペルージャ | Principale | 光生活開始 »