« たんとうチューリップまつり | Principale | 浮御堂 »

27 aprile 2008

好天に誘われて

080427fiat500 今日は夜勤明け、ゆっくり寝ようと思ったが、絶好の天気で寝るのが勿体ない。と言うわけで、最近、試乗好いているので、買う気はないが、一度、フィアット500に乗って見ようと思い立った。
 すぐさまディーラーに電話したら、今からでも試乗出来ると言う。私はこのディーラーの顧客なので問題ないよな。一応、「購入予定はないが500に乗ってみたいが良いか?」と確認を入れる。当然のことながら快諾してくれた。
 ディーラーのアルファロメオ神戸西迄、車で20〜30分、丁度良いドライブだ。この営業所はいつ来ても斬新であかぬけた感じがする。駐車場にプントを停めていると、黒いスーツを来た営業マンが飛び出して来て誘導してくれる。
 駐車場には白い500が鎮座していたが、「中にも展示車がありますよ」とのことで、一応、ショールームに入って見せて貰う。外観は小振りでちゃちい気がするが、内装は流石はイタ車。まず、驚いたのがハンドルが本皮。しかも黒じゃなくて白と言うのが、お洒落。シートもツートンで凝っている。この辺り国産車との差を感じる。
 そして、いよいよ、500の試乗。まずは営業マンが運転して、途中で替わる。一応、オートマなのだが、マニュアルに替えると、+と−でクラッチなしでギアチェンジ出来る。クラッチがないとギヤチェンジのコツがイマイチ解らないが、単なるオートマ車よりは断然面白い。
 エアコン、オーディオもレトロでちょっと風変わり。行けてる。ただ、営業マンも言っていたが、高速走行したり、長距離走る場合は私のプントスポルトの方が力を発揮するらしい。街中を細々走る時に500は良いらしい。
 確かに遠出には軽のしんどさがなきにしもあらず、プントの方が良いなと思った。この車に220万出すのはちょっと考えられないが、プント同様、走る楽しさは持たせてくれそうな、やはり同じイタ車だなと感じる車だった。これが100万なら買うかも…。この車なら、プントを手放すことも寂しくないかなあと思った。
 500には気になる何かがある。一度は乗ってみたいと思っていた500に乗れて、一瞬だったが楽しい時間だった。

|

« たんとうチューリップまつり | Principale | 浮御堂 »

Commenti

 ぼぶさん。その節はお世話になりありがとうございました。新車購入はまだ悩んでおる状態でして…。昨日も日産へ行って来ました。ノート、デミオ、今の車、車検を受けるの3つで悩んでおります。
 マツダも最近は良いと聞いていますが、「マツダで乗れるのはロードスターとRX8だけ」なんて書き込みもあり、他の車はやはりマツダかあ…と思ったり。コンパクトカーでは日産の方が良いのかなあ。
 ぼぶさんもマニュアル車ですよね?マニュアルにも+/ーってあるんですか?
 バックと前進を間違えて事故を起こすなんてことも、マニュアルならあり得ませんよね。

Scritto da: アトムズ | 30 aprile 2008 a 22:48

こんばんは

衝動的に買い換えたのかと思いましたcoldsweats01
ぼくもブルーバード(日産)に乗ってる頃は、ぼくが住んでいる地域の日産のディーラーはすべての車種を扱っていることもあって、買い換える気はなくても新しい車やモデルチェンジの時にはよく見に行って、試乗させてもらって粗品をもらってcoldsweats01来てました。その後のセリカのディーラーはカローラ店でセリカ以外興味のある車もないのでほとんど出入りしませんでしたが。

今のマツダのディーラーにも滅多に行かないのですが、この間の1年点検に車を持ち込んだ時に待ち時間がけっこうあり、暇だったので新しいアテンザに試乗させてもらいました。

記事にもあるように最近のATの車にはマニュアル仕様と称してシフトアップ/ダウン用に+/-のレバーがありますよね。どうも慣れないせいもあってあれ使いづらくてしょうがない。それとぼくは低いギアでけっこうエンジンを回して2段(または3段飛ばし)ぐらいのシフトアップ、または逆に強いエンジンブレーキをかけるために2段飛ばしぐらいのシフトダウンをちょくちょくやるんで、+/-式でもレバーをすばやく動かせばそういうことができるのかもしれないけど、なんかやりにくそうで苦手であります。ちなみに日本でとあるレンタカーを借りた時にその+/-式のマニュアルモード付きのATだったんですけど、シフトアップしなければいけないところを間違えて-方向へレバーを動かしてシフトダウンしてしまい、オーバーレブ(回転数超過)の警告ブザーを何度か鳴らしてしまいました。sweat01 マニュアルならそんな間違いしないのにねぇ。

Scritto da: ぼぶ@豊橋 | 29 aprile 2008 a 22:52

I commenti per questa nota sono chiusi.

« たんとうチューリップまつり | Principale | 浮御堂 »