« maggio 2008 | Principale | luglio 2008 »

giugno 2008

23 giugno 2008

花しょうぶ

080623yotakuji1 土曜日に納車して以来、楽しくて走り回っている。日曜は仕事だったので、2日で200km以上走ってしまった。
 今日は三田市永沢寺(ようたくじ)の花しょうぶ園へ行って来た。昨日の天気予報では今日は午後から晴れるという話だったのに、行く途中で結構な降りになって来た。
 着いた頃には取りあえず上がっていて、助かったけど。そろそろ満開かなと思ったけど、まだ、蕾も多くて7〜8分の咲きだった。
080623yotakuji2 写真撮るには晴天の方が綺麗に撮れるけど、水滴がいっぱいの花菖蒲というのもまた綺麗なもんだ。梅雨時の被写体は水滴が付いている方が綺麗かな。
 小腹が空いたので、園内でれんこんの入った薩摩揚げを買って食べたら、これがまた美味しい。その横で売っていたよもぎ餅にもかなり惹かれたが、今日は断念。
 この車、本当に馬力もあり静かで内部が広くて、本当に良い車だ。決めて良かったなあ。やっぱり1500は良いな。ナビが着いているので、楽々、目的地まで行けるし。後は燃費だな〜。どのくらい行けるか、第1回に給油が楽しみだ。

| | Commenti (0)

21 giugno 2008

新旧交代

080621rac1 本日、無事、新しい相棒が来ました。雨だと嫌だなと思っていたけど、その時間帯は大丈夫だった。
 ピカピカで触ると指紋が付いてしまうんじゃないかと思うくらい…。思っていたより大きい。中も広くて、少し頭をかがめれば立てるくらい。
 13時にディーラーへ行って、説明を聞き、書類に記入・捺印。そして、新旧の相棒の写真を撮り、プントとはお別れとなりました。8年半、ありがとう。
080621rac2 その後、70km程、走って来た。新車のにおいは良いものだ。でも、ずっと、こもっているとちょっと頭が痛くなったけど。新しい車は静かだし、馬力もあるし、走りやすいです。
 やっぱりトヨタにして良かったなあと思う。元々、トヨタが良いと思っていたし、マニュアル車がないからと言って他のメーカーにしていたら、後悔していた気がする。
080621rac3 クラッチとフットサイドブレーキを間違うことはなかったけど、指示器とワイパーは気を付けていても何度か間違ったし、ドライブとバックの間違いも1回あった。
 最後に無理入って付けて貰ったディスチャージライトは昼間だったので、試せなかったけど、どのくらい明るいのかなあ。楽しみだ。
 今度はプントの様に後悔しない様、たくさん乗ってあげたい。

| | Commenti (2)

20 giugno 2008

いよいよお別れ

080620punto1 いよいよ、明日、新車納入。8年半お世話になったフィアットプントともお別れ。イタ車ともお別れ、30年以上乗り続けたミッション車ともお別れだ。
 今までの感謝を込めて最後は綺麗にしてあげてお別れしようと、洗車に行って来た。どうせ人手に渡るのに、最後にお金を払って洗車するというのも、車を生き物の様に捉え、ドナドナの気分になる日本人特有のものらしい。
 そこまで言うなら自分で洗えば良いのだが、綺麗に洗えないし、いつもここのGSで定期的にポリマ洗車をお願いしていたので最後もお願いしたのだ。
080620punto3 プントはお洒落な車だった。内装はイタ車らしく豪華な感じ。スポーツ仕様というのもあるからかな。
 初めて出会った時の嬉しさを思い出すと、ちょっとしんみりする。98年のシチリア旅行で借りたレンタカーがフィアットだったので、乗ってみたいと探したのだった。前の車の車検を1年間違えて、車検1年残しての購入だった。
 買った翌日に、大阪ロイヤルホテルの駐車場でバッテリー上がり。業者が来るまで2時間も待たされた。ミラー破損した時は国内にないとかで、1ヶ月もミラーなしで走った。おまけに修理代が8万円。昨年夏にはエアコン故障、5日間神戸空港の駐車場に置いてあったらエンジンがかからなくなった。
 本当に、維持費のかかる車だったが、楽しませてくれる車だった。トヨタの車は楽しいというよりは安定感のある車だろう。まあ、年齢的にも安定を求める様になって来たのかも知れない。

080620punto4

|

12 giugno 2008

潮干狩り

 仕事で潮干狩りに行って来た。いやあ、潮干狩りなんて、何年振りかなあ〜。多分、小学校の遠足以来だと思う。小学校の時は姫路の的形というところだっただが、何故か、ウチの職場は毎年、龍野の新舞子というところへ行っている。遠い〜。
 朝のウチは少し曇っていたが、天気は快方に向かい、着いた頃には青空も広がり、さほど暑くもなく、実に気持ちの良いお天気だった。
 昔と違ってなかなか採れなかったが、去年よりはマシでチラホラと採れた。みつけた時って嬉しいもんだなあ。袋いっぱい採っている凄腕の主婦グループもいたが。
 なかなか楽しい1日だった。

080612

|

11 giugno 2008

すみよっさん

080610_09 母の墓参りの後、昼食に行った。行ったお店は住吉大社近くの「まほろば」という炉端。昼は定食屋みたいで、なかなか安くて美味しい。父はまぐろ丼、私は定食を食べた。定食は井一品物を2品選べる。私はお造りと鰯のフライを選んだ。久し振りに美味しいと思う店だった。
 食後、住吉大社へ行ってみた。ここは、毎年、初詣の人出ベスト何位かに入っている神社。入ってすぐに市が立っていた。ガラクタ市みたいな店を冷やかしてみる。
 懐かしのカメラが無造作の置かれている。オヤジが「全部壊れてるけどね」と言っていた。ペンタックスの銀塩を手に取り「前は動いたんやけどなあ」と言いながら、いろいろ触り「動く時もあるんです」とか言っている。このカメラ8000円也。あまり売る気もないみたい。お互い、会話を楽しむものなのかな?
080610_08 更に進むと懐かしのたいこ橋。きっと、何度も建て替えはあったのだろうけど、幼少の頃に良くここで写真を撮っている。もっと、急だった気もしたけど…。岩国の錦帯橋より渡りやすい。
 たいこ橋を渡って、本宮へ。4つの本宮がある。住吉大社って広いですねえ。楠公さんも広いと思ったけど、比じゃないくらい広い。今日は天気も良かったし、実に気持ちの良い1日でした。

|

09 giugno 2008

昭和の街並み

080610_01 プントに乗る機会も少なくなったので、父を連れて、久し振りに母の墓参りに行って来た。墓と言っても、お寺の納骨堂みたいなところ。 お寺は住之江にある。
 昨日、散々、この辺りに詳しいネット仲間の方に教えて頂いたにも関わらず、阪神高速神戸線から堺線へ入るのに、環状線に入らず、東大阪線に入ってしまい、高井田で降りてUターンし、700円余計にかかってしまった。前はこんなとこで間違ったことなかったんだけどなあ。自然に環状線に入れた様に思うのだけど…。
080610_02 玉出降りてからは教えて頂いたお陰でスムーズに到着した。お墓では父がお経上げる間、後ろに座って聞く。
 その後、丁度、お昼時だったので、住吉大社近くの炉端へ食事に行った。住吉大社なんて、40年以上ぶり。第一、梅田にさえ滅多に来ないのに、こんな南なんてまず来ることがない。子供の頃、母の伯母さんがこの辺りに住んでいたので、良く来ていたみたい。
 何かとても古いと言うか、懐かしい街並み。街並みが低く、昭和の香りがぷんぷん。未だにこんなところが残っているんだ。
080610_03 路面電車(阪堺電車)も良い感じ。阪堺電車の住吉駅も味があるなあ。この後方に南海本線が走っている筈。
 幼少の頃に訪ねていた母の伯母さんの家は、昔の磯野家(サザエさん)を大きくしたみたいな家で、格子戸があって、家の前は砂利道だった。子供のない伯母、伯父が亡くなって売却してから、既に何10年も経っているので、もう、区画整理でもされていたら、どこだか解らないだろう。

|

« maggio 2008 | Principale | luglio 2008 »