« agosto 2008 | Principale | novembre 2008 »

settembre 2008

28 settembre 2008

淡路島

080923awaji01 明石海峡大橋渡ってすぐにあるあわじSAに立ち寄る。ここから見る明石海峡大橋も絵になるからなのだが、今日は天気は良かいにも関わらず、霞んでいていまいち見えにくく残念だった。今日は祝日なので人出も多い。大阪方面から四国へ向かう時は、ここが丁度良い休憩地になるのだ。
 SAからそのまま淡路ICへ出てR28に入る。元々、どこへ行くと言うアテもなかったので、道沿いの明石海峡公園に立ち寄ってみた。2000年に行われた淡路花博の会場跡を記念公園にしたところだ。
080923awaji04 当時、開幕当初の花博に仕事で来た。夢舞台側の建物や店舗はほぼ当時と同じ様に残っている。当たり前だが、人出は会期内より明らかに少なく、行きたいところへ行けるので、当時は辿り着けなかった百壇苑の上まで行ってみた。エレベーターで一気に上り、足がすくみそうな橋を渡る。当時と違って簡単に行けてしまことが感無量だった。
 明石海峡公園、温室とどこへ行くにも入場料がいるので、休憩したあと、もう出ようかと思ったが、折角来たので、「奇跡の星の植物館」(温室)には寄って行くことにした。
080923awaji03_2 13時前に出発し、R28号を洲本へ向けて南下。今日は洲本から由良を回って南淡に出て、西海岸のサンセットラインを走って岩屋に戻って来るつもりだったのだが、しんどくなったので、取りあえず、洲本城へ行くことにした。
 洲本は7才まで住んでおり、その後も淡路は何度も来ているが、転居後、洲本城へは行ったことがなかったので、一度、再訪してみたかった。近くの駐車場に停めて歩くこと数分、突然、石段が…。それも一段の高さがかなり高い石段で上り切るのはきつかった。上り切ると見覚えのある天守閣が出て来た。茶店のおばあちゃんが「こんにちはー、いらっしゃい」と笑顔で迎えてくれた。
 43年前、洲本に住んでいる時はよく来たなあと感慨に耽りながら狭い階段を天守閣の上迄上る。降りて来ると茶店のおばあちゃんが声を掛けて来た。缶ジュース1本、市街地の自販機より20円高いけど、一生懸命、生きている風のおばあちゃんが気に入ったので1本買って、縁台に座って少しお話した。
080923awaji02 時間は14時過ぎ。帰りは正規料金払えば良いのでゆっくりしようと思っていたが、やっぱり半額は大きい。特に目的もないなら早く帰ろうと思い、16時30分、淡路IC目途に北へ向かう。五色浜や慶野松原にも行きたかったのだが、回ると遅くなりそうだったので今回は中止。17時まで余裕があれば、あわじSAに寄ろうと思っていたのに、下りは経由して淡路ICへ出られるのに、上りはSAに寄るにはひとつ前のICから入らなければならないらしく、淡路ICからSAに入ることは出来ないらしい。従って真っ直ぐ帰って来るしかなくなってしまった。

|

24 settembre 2008

明石海峡大橋

080923hashi 9月19日から本四連絡橋に休日昼間割引が出来、半額になったので、海沿いのドライブでもしに淡路島に行って来た。垂水ICを通過するとすぐに長い舞子トンネルに入り、出るとすぐに明石海峡大橋が現れる。
 実は私、この橋が一番好きな橋なのだ。主塔がもの凄く高く、これを見ると瀬戸大橋や大鳴門橋がちゃちく見える。先日通った大鳴門橋なんて、いつ通ったか解らないうちに通り過ぎていた。明石海峡大橋の主塔は298.3mあり、333mの東京タワーについで国内2位の建造物らしいから納得出来る。東京タワーが海上に何本も連なっているのと同じなんだ。
 神戸側はどこから見るのも好きだし、飛行機も出来るだけ橋が見える側に席を取り、上から見るのも好きだ。
080923tako 洲本まで回って帰りは西海岸のサンセットラインを走ってみたが、岩屋が近づくと、明石海峡大橋と対岸の明石の街が見えてる。大橋の付け根の下にある道の駅あわじに車を停めて、対岸を見てみた。いつも舞子側の付け根の舞子プロナードには行くのだが、良く似た建物が橋を支えている。いつもは舞子から見ている先から今は舞子側を見ていること何か不思議な気持ちだった。
 丁度、橋の下を明石−岩屋間を走るたこフェリーが通って行く。橋が出来て、多くの人は橋を通る様になっただろうが、まだ、たこフェリーは生きているんだ。いつまでも残っていて欲しい。

| | Commenti (6)

15 settembre 2008

ユニバーサルスタジオ

080912usj1 12日にUSJに行って来た。USJの駐車場は2000円らしいのに、桜島駅の前にある駐車場は1日最大700円。1300円も違うので、ここに停めて歩くこといしました。
 朝、11時頃に入って、20時の閉園迄、遊び回っていたので、いささか疲れました。早くて20〜30分待ち、70分くらい待つものもありましたので、立ちっぱなしが多くて足が棒の様です。
それだけ待たされて、実際、アトラクションはアッと言う間に終わってしまいます。ディズニーランドはもう少しアトラクションの時間が長い様に思います。
080912usj3 別料金払えば、待たずに横の入り口から入れて貰えるのですが、4000円くらいいるらしいので、購入しませんでした。入場料だけでも5800円(今回、割引で4800円になりましたが)とかなり高いかなと思いましたが、しょうもない遊園地でも2000円以上取られることを思うと、こんなもんですかね。中のアトラクションや乗り物は一切無料ですし、1日遊んでいたから、元は取ったでしょう。
 数年前に利用者の付き添いで来たことがあって、もう来ることないかなと思っていたのですが、来てみると結構面白い。今はハロウィーンムード一色でスヌーピーのぬいぐるみも可愛かったです。パレードやショーも楽しかったし、アトラクションもなかなか面白かったです。
080912usj4 ジェットコースターはもうごめんですね。あんなに下りが急なジェットコースターは乗ったことがありません。心臓に悪いです。 最後はピーターパンのショー、かなり見えにくくて残念だったけど、とても華やかでした。
 ユニバーサルスタジオジャパンは、遠い様で、車なら小1時間で行けるので、また、たまには来ても良いですね。ディズニーランドからは見劣りしますが、愛知万博よりは断然楽しい。

| | Commenti (1)

14 settembre 2008

十五夜

 今日は十五夜だそうです。ウサギが餅ついていたり、かぐや姫が住んでいると思われていた頃の方が夢があったかも…。
 私が思い出すのはアポロ11号です。1969年7月21日の早朝、3時前に父に起こされて一緒に月面着陸を見ました。あれから、40年近く経っても、あれ以上の感動や驚きはないですね。火星にでも人が降り立つ時代が来るかと思っていましたが。
 ちなみに完璧よりも少し欠けたものを好む日本人は十五夜よりも十六夜の月を好むそうですね。

080914

|

« agosto 2008 | Principale | novembre 2008 »