« dicembre 2008 | Principale | aprile 2009 »

febbraio 2009

27 febbraio 2009

室津散策

 時間もまだ早かったので、綾部山を後にして、近くの室津の街を訪ねることに。R250から旧市街へは車1台半の狭い道を降りて行く。室津も一度来たことがあるのだが、旧市街の駐車場が解らず、街を散策することが出来なかった。古くからの街だし、漁港もあるので、一度ゆっくり回りたいなと思っていた。

0902murotsu02 0902murotsu04

 迷っていたら、丁度、道路脇に観光客用の無料駐車場が2台分あり、1台空いていたので、車を置いて街を散策する。漁港も絵になる。漁港の写真を撮ったあと、一度、尋ねたかった海駅館と民俗資料館という民族館を2つ周る。海駅館の受け付けのおばちゃんは親しく室津のことを色々教えてくれた。
 最後に直売店で生牡蠣を買って帰って来た。殻付きの大きな牡蠣、12個で1000円は安い。ホタテも5個1000円で売っていた。
 天気が良くて、楽しい1日だったなあ。

|

26 febbraio 2009

綾部山梅林

0902ayabe02 私が連休取ると、何故か前線が停滞して、ずっと雨模様になる。今回もそうだったが、やっと1日晴れたので、綾部山梅林と室津漁港へ行って来た。朝、8時30分に家を出て布施畑経由で、山陽道の神戸西ICを通勤割引適用時間ギリギリの8時58分に通過。
 龍野で降りて南下。10時過ぎに綾部山梅林に到着した。平日と言うこともあり、駐車場もまあまあ余裕だった。綾部山梅林は3回目だが、いつも咲き始めばかりだったんだけど、今日は満開近く、とても綺麗だった。 匂いもよく薫っていた。
0902ayabe06 一目2万本が満開で超奇麗。やっぱり梅を見るなら綾部山だと強く思った。途中の景勝地で梅ジュースか甘酒を貰えるので、飲んでいたら、何と近所に住む父の友人夫妻と会い、お互い、びっくり。
 そして、綾部山に来たら、必ず見たいのがお地蔵さん。このお地蔵さん、見るといつも心が安らぎ、ホッとする。いつまでも眺めていたいお地蔵さんなのだ。
 何だかんだで2時間くらい回って、山を下り、出口外にある手作り弁当の店で弁当を買い、車で数分の所にある世界の梅公園へ行って梅を眺めながら食べることにした。 今日はややひんやりしているが、それ程寒くもなく、外でお弁当を食べるのに丁度良い。
0902umepark03 ここは力強く広々した綾部山と違い、中国をイメージしたテーマパークみたいなものだが、それでも、海も見えるし、いろんな梅もあって、今日は満開でとても綺麗だった。一回り散策したあと、喫茶室でケーキセットを頂く。ここのコーヒーとマロンケーキ、とても美味しかった。

|

03 febbraio 2009

ネットブック

090116netbook もうひとつ、先月東京行った時ネタ。大体、東京へ行くとアキバのヨドバシに寄るのだが、今回もいつも通り行ってみた。そこで、目を引いたのが、最近、mixiのマイミクさんの間で話題のネットブック。AicerのAspire One。3時間程悩んだ挙げ句、買っちゃいました。
 何年も前に買ったiBookはMacなので、使いやすかったし、旅のお供には重いのも我慢して連れ歩いていたが、OSが10.2ではインターネットするのに、不具合が出始め、yahoo!もmixiも使えない機能が増えて来ていた。加えて重いし、そろそろ買い換えても良いかなと思っていて、Air Macが欲しかったのだけど、何分、30万近くするので手が出ず、iBookで我慢していたのだ。それに最近旅先でHPを更新することもなくなり、ブログとmixiが出来れば良いので、ソフトが要らなくなったのでWinでも良いかと思ったのも購入に踏み切った理由。
 今まで全く無関心だったセキュリティ対策も絶対必要と言うことで、セキュリティZEROというUSBメモリを差し込めば良いだけのソフトとDVDドライブも同時購入。
 東京に着いた日にヨドバシへ行ったが、悩んでいたので、申し込んだのが17時前。イーモバイルの設定に1時間くらいかかるというので、17時45分、有楽町の待ち合わせに間に合わないので、受け取りは翌日にした。
 翌日、三鷹のジブリ美術館を見学した後、受け取りに行っただが、見かけは小さかったのに、結構、重くてやっぱり東京で買うべきじゃなかった?とちょっと後悔したが、もう、持ち帰るしか仕方ないので、頑張って持って帰って来た。

|

02 febbraio 2009

ジブリ美術館

090116mitaka5 先月、東京へ行った際、三鷹のジブリ美術館へ行って来た。東京へ行くのは、1日目の夜に用がある為、毎回、2日目が暇なのだ。毎回どこへ行こうかと悩むのだが、今回、ポニョを見てから、行ってみたかったのでちょっと興味があったジブリ美術館へ行くことにしたのだ。
 ジブリ美術館は予約制になっていて、事前にローソンでチケットを購入しなければならないそうである。ホテルを出たのは9時過ぎ。入場時間は2時間毎で、10時はもう間に合わないので、ホテルの近くのローソンで12時のチケットを購入してから三鷹へ向かう。
090116mitaka2 三鷹駅前から可愛らしいコミュニティバスに乗ったが、乗客は私ひとり。11時前というとても中途半端な時間に美術館に着いてしまったが、「12時迄は入れません」とのこと。近くには喫茶店もなく、仕方なく寒い公園のベンチに座って開場を待つことに。こんなことなら、駅前で時間を潰すんだったと後悔する。
 待つこと30分、混雑し始めた様で、30分繰り上げ開場。中ではミニシアターがあって、今日は「コロの大散歩」というとても可愛いアニメだった。アニメは良かったけど、その後、何を見たら良いのか解らず、屋上まで出ておかしな銅像を見て、その後、アニメ博物館の様な部屋を回り最後にマグカップを自分用と友達の土産用に買う。平日にも関わらず、かなり混んでいて、展示物も並ばないと見れないし、土産を見るにも人が多くてゆっくり見れなかった。これで入場料1000円は、私的にはちょっと高いかな〜。
090116mitaka3 中にはちょっとした喫茶室や散歩道があったりする。どことなくコッローディ(トスカーナ州。フィレンツェとピサの間くらい)にあるピノキオ公園を思い出した。夢のあるところがピノキオ公園に通じるものを感じたのだ。ピノキオ公園に比べるとかなりちゃちいけど。

|

« dicembre 2008 | Principale | aprile 2009 »