15 aprile 2010

アスリート 浅田真央

Mao1003 最近、浅田真央にはまってます。昨年末の全日本で感動して、以来、バンクーバー五輪、世界選手権と見る度に感動させられる。元々、採点競技は好きじゃなかった。シンクロやフィギュアなど、人の価値観なんてみんな違うのに、人の評価によって勝敗が決まるなんてスポーツとして解りにくい。水泳や陸上、スピードスケートなど、タイム競技は勝敗が選手の頑張りで決まる。白黒はっきりするタイム競技の方が好きだった。だけど、全日本の真央ちゃんの「鐘」は、引き込まれる凄さがあった。
 こんなに奇麗なスケートは今迄見たことがない。奇麗に伸びた手足、指先にまで魂が宿っている様だ。SPの「仮面舞踏会」では、華麗で優雅で笑顔も可愛い。片やFSの「鐘」は、人々の阿鼻叫喚、怒り、恐怖、真央ちゃん自身が抱える悔しさも重なって、本当に鬼気迫る演技だった。魂の叫び、氷上なのに、熱い炎が滑っている様だった。こんなに心に響く演技は今迄見たことがない。弱冠19歳の女の子がここ迄演じられることに驚いた。トリノの金メダル、荒川だって、「奇麗だなあ」「上手いなあ」とは思ったが、心に訴えかけられるものはなかった。「鐘」は初めてフィギュアにメッセージを感じた演技だった。
 真央ちゃんを初めて知ったのは、4年ちょっと前。何かフィギュアに凄い少女が出て来て、あわやトリノにも出そうだけど、年齢制限があってトリノに出られないというニュースからだった。でも、次の何とかっていう国際大会に優勝したら、もしかしたら特例で出られるかも知れないという時だった。結局、その国際大会(グランプリファイナルだっだのかな?)には優勝したけど、ルールは変わらず、トリノは不参加となったのだった。
 その後は特に試合を見るワケでもなかったが、ニュースで出て来ると気になる選手で、「真央ちゃん、頑張ったんだな」と思っていた。昨年、真央ちゃんがあまり出て来なくなり、オリンピックも近いのにどうしたのだろうか、大丈夫なんだろうかと気になっていた時に、全日本に出場するというのを聞いて、初めてきちんとテレビで試合を見た。
 昨年は真央ちゃんはスランプだった様で、この全日本は久しぶりの試合だったらしかったが、FSの「鐘」はノーミスで、観客がスタオベする程素晴らしかった。こんな演技は私は今迄フィギュアで見たことがない。そして、この全日本で、真央ちゃんはオリンピック出場を決めたのだった。
 いよいよ、バンクーバーオリンピック。少しフィギュアに関心持ち始めた私は高橋大輔選手のFS「道」にも感動して、益々、女子が楽しみになった。女子のSP、真央ちゃんの「仮面舞踏会」は完璧だった。史上初の女子SPでの3Aも成功した。本人も終わった後はその場で飛び上がる程の喜び様だった。73点。これが素晴らしい点であることは真央ちゃんの喜び様からも感じ取れた。
 その後滑ったキムヨナを見て、勝ったと思ったのに、キムヨナが5点もの差を付けて1位になった。この時、初めて私は「おかしい。何で?」と思い始める。確かにキムヨナもノーミスだったが、運動量が全然違う様に感じたし、迫力も全然違った。配点のこととか、内容についても私は素人で、何も解らなかったが、全体から感じる印象が真央ちゃんの演技の方が遙かに良かったのだ。まあ、人それぞれ感じるものは違うから、キムヨナの演技の方が良かったと感じる人も多いだろうが、5点差はないだろう。どちらが上になっても僅差の筈だ。だから、採点競技は嫌なんだよ。フィギュアは良く解らんと思った始まりだ。
 2日後のFPは、キムヨナはノーミス、真央ちゃんは2つミスして、結局大差で負けた。しかし、ミスと言っても、ひとつは着氷時に少し不安定になったのと、もうひとつは氷に引っかかって、3Tがシングルになってしまったくらいで、転倒などの大きなミスがあったわけではない。演技内容自体は史上初めてFSで3A2度成功させ、鬼気迫るストレートラインステップも素晴らしいもので、ここ迄点差が付くのが驚愕だった。もっと言えば、このミスだって、SPが正当な評価がされず、FSも前に滑ったキムヨナがあり得ない高得点だったことで、少なからず精神的に圧迫されていたこともあると思う。
 演技直後のインタビューで、泣きながら「悔しい」と答える真央ちゃんを見て、負けたことじゃなくて、ミスしてしまったことが悔しいんだろうなと、簡単に思っていた。この時は。でも、このSPのおかしな(と私は感じた)採点に疑問を持った私が、いろいろ情報を見ていくと、単にそれだけではないことに気づいた。実は、私が脳天気にニュースでのみ気に掛けていた間に、真央ちゃんは大変な圧力と戦っていたらしい。それについては、私が実際見聞きしたわけではないので、省くとして、私自身がおかしいと思う事態は更に続く。
 すっかり真央ちゃんの演技にはまってしまっていた世界選手権、男子はFSが早朝から生中継があり、高橋選手の優勝はリアルタイムで見た。ところが、女子はSPもFSも生中継がない。録画もほぼ1日遅れで放送され、SPの録画放送とFSの本番が被るくらいの遅さだった。しかし、パソコンで海外のメディアに繋いで、LIVEで見れると知り、SPもFSもLIVEで見ることが出来た。こんなにドキドキしながら、フィギュアを見るのは初めてだったかも。
 SP、五輪から1ヶ月しか経っていない中での世界選手権で、モチベーションを保つことも困難だっただろう出場選手は、次々とミスしていく中、真央ちゃんはほぼパーフェクトに滑り切った。しかし、得点はそれ程伸びず68点。バンクーバーで73点だったんだから、70点は超えても良いと思ったのに。ミスしまくりのキムヨナと6点しか違わないなんてなんで?そして、FSで怒りは最高潮に。フリーもノーミスで滑り切った真央ちゃんが、フリーもミスだらけだったキムヨナに、何と、負けてしまった。これは絶対おかしい。真央ちゃん自身で見ても、ジャンプ2個ミスしたバンクーバーより、完璧の今回の方が点が低いってどういうこと?こんなことはタイム競技ではあり得ない。まあ、SPとの総合点で、真央ちゃんは1位になったので、この不可解な採点は、目立たなかったかも知れないが。
 演技を終えた瞬間、バンクーバーの胸が痛くなる様な落胆の表情ではなくて、「よっしゃー」「どんなもんじゃー!」と言う様なガッツポーズが、とてもカッコ良かった。それがキスクラでは、得点板には目を向けず、得点が出た瞬間、ただ呆然という表情を見せていた。「1位」の声を聞いても、笑顔はなく、1点を見つめたまま、心ここに非ずという表情。どんなに頑張っても報われない点数に自分の力ではどうにもならない不条理を感じたのだろう。優勝したのだ。バンクーバーのSP後の様な、溢れんばかりの笑顔を見せられる様な得点を出して上げて欲しかった。こんな状況の中で、モチベーションを保ち、完璧に滑った。その精神力をもっと評価して上げて欲しかった。表彰台でも、とても優勝した選手とは思えない表情だった。でも、間違いなく、真央ちゃんは正真正銘の世界女王なんだよと言ってあげたい。点数は人が出すもの。人の評価なんかどうでも良い。真央ちゃんが自分自身に勝って、実力で掴み取った世界女王の座だ。
 今迄、ずっと「金メダルを取りたい」と言っていたのに、今回は帰国後、「金メダルを取れるとは思わなかった」と言っていた。目標も、この世界選手権は「パーフェクトで滑ること」に変えていた。いくら頑張っても、認められなければ金は取れないことを悟り、自分の頑張りで達成出来る目標に変えて来たのだろう。帰国後、キスクラでの表情について「得点を見るのが怖かった」と答えていた真央ちゃん。普通は、自分が納得出来る演技が出来たら、得点見るのが楽しみなもんだ。それが怖いと思うなんて、本当に可愛そうだ。厳しい採点も限度ものだ。選手が、「今度も頑張ろう」とモチベーション上げられる採点をするべきだ。
 まだ、19才の少女なのに、ストイックな迄にどこ迄も完璧を追求する姿。これこそ真のアスリートの姿である。もう「真央ちゃん」ではなく、「浅田選手」と呼ばなくてはいけない存在なのだと思うけど、どんなに立派なトップアスリートになっても、みんなから「真央ちゃん」と呼ばれるところにも、誰からも愛される要素があると思う。
 こんな素晴らしい選手を今迄きちんと見て来なかったことが残念で後悔している。でも、今、気がついたお陰で、ソチ迄の4年間を応援出来る。バンクーバーでの銀メダル、本当に奇麗だった。初出場のオリンピックで銀メダルを取ることが、どれ程大変なことか。しかも、今回の銀は、金よりも値打ちがある銀メダルだと感じる。山田コーチが「前回のトリノに出ていたら、今回の様な財産は残らなかった」と言っていたが、今回、銀だったことで、4年後のソチで金を取ることが、更に重みを持って来ると思う。バンクーバーはソチで金メダルを取る為の布石だったと思って、これからの4年間、頑張って欲しいし、それを応援していきたいと思う。「オリンピックでの悔しさはオリンピックでしか晴らせない」「もうバンクーバーオリンピックというのは終わってしまったので、やり直すことは出来ない」と言っていた真央ちゃん。4年間の思いはそう簡単には切り替えられないと思うのに、本当に潔いと思う。きっと、4年後、真央ちゃんは、本物の金メダリストになって輝くのだと信じたい。

| | Commenti (2)

02 febbraio 2009

ジブリ美術館

090116mitaka5 先月、東京へ行った際、三鷹のジブリ美術館へ行って来た。東京へ行くのは、1日目の夜に用がある為、毎回、2日目が暇なのだ。毎回どこへ行こうかと悩むのだが、今回、ポニョを見てから、行ってみたかったのでちょっと興味があったジブリ美術館へ行くことにしたのだ。
 ジブリ美術館は予約制になっていて、事前にローソンでチケットを購入しなければならないそうである。ホテルを出たのは9時過ぎ。入場時間は2時間毎で、10時はもう間に合わないので、ホテルの近くのローソンで12時のチケットを購入してから三鷹へ向かう。
090116mitaka2 三鷹駅前から可愛らしいコミュニティバスに乗ったが、乗客は私ひとり。11時前というとても中途半端な時間に美術館に着いてしまったが、「12時迄は入れません」とのこと。近くには喫茶店もなく、仕方なく寒い公園のベンチに座って開場を待つことに。こんなことなら、駅前で時間を潰すんだったと後悔する。
 待つこと30分、混雑し始めた様で、30分繰り上げ開場。中ではミニシアターがあって、今日は「コロの大散歩」というとても可愛いアニメだった。アニメは良かったけど、その後、何を見たら良いのか解らず、屋上まで出ておかしな銅像を見て、その後、アニメ博物館の様な部屋を回り最後にマグカップを自分用と友達の土産用に買う。平日にも関わらず、かなり混んでいて、展示物も並ばないと見れないし、土産を見るにも人が多くてゆっくり見れなかった。これで入場料1000円は、私的にはちょっと高いかな〜。
090116mitaka3 中にはちょっとした喫茶室や散歩道があったりする。どことなくコッローディ(トスカーナ州。フィレンツェとピサの間くらい)にあるピノキオ公園を思い出した。夢のあるところがピノキオ公園に通じるものを感じたのだ。ピノキオ公園に比べるとかなりちゃちいけど。

|

11 novembre 2008

ガーデニング?

081111garden 夏に某会合に出た時、お土産として「ひとりひとつずつお持ち帰り下さい」と言って貰った花(昨日、同僚に画像を送って見て貰ったらベゴニアとのことです)、貰う時も「花なんか貰ってもなあ、どうせすぐ枯れるだろうし…」と渋々持ち帰りました。
 取りあえず、その時咲いている花が散ったら枯れるだろうと思っていました。咲いている間は水もやらないと人為的に枯らしてしまうのは可愛そうと思って、水だけは3日に1回くらいやっていたのですが、何か枯れずにどんどん新しい芽が出て、花が咲き続けています。大きくもなって来たみたい。
 全然、枯れる気配もないし、花なんか育てたことないし、この花、今後の処理に困って来て、職場の畑にでもこっそり植えてやろうかとも思ったのですが、何の手入れもしていないのに、花を咲かせ続けていることで変に情が湧いて来て、きちんと育ててやろうという気になって来ました。
 まずは大きめの鉢に植え替えないといけません。鉢、土、肥料、移植ごて、じょうろ迄、何もないので揃えてみました。インターネットで調べた園芸店に行くと、おばちゃんがいろいろ親切に教えてくれました。費用も見当がつかなかったのですが、200円とか300円の話でじょうろが680円と高かったけど、それも合わせて2000円足らずでした。
 早速植え替えて、肥料を巻き、今までコップでやっていた水をじょうろであげました。ひとり暮らしで動物を飼うことは難しいけど、花も生き物。生き物がいる、世話出来るというのはとても嬉しいもんだなあと思いました。

|

15 settembre 2008

ユニバーサルスタジオ

080912usj1 12日にUSJに行って来た。USJの駐車場は2000円らしいのに、桜島駅の前にある駐車場は1日最大700円。1300円も違うので、ここに停めて歩くこといしました。
 朝、11時頃に入って、20時の閉園迄、遊び回っていたので、いささか疲れました。早くて20〜30分待ち、70分くらい待つものもありましたので、立ちっぱなしが多くて足が棒の様です。
それだけ待たされて、実際、アトラクションはアッと言う間に終わってしまいます。ディズニーランドはもう少しアトラクションの時間が長い様に思います。
080912usj3 別料金払えば、待たずに横の入り口から入れて貰えるのですが、4000円くらいいるらしいので、購入しませんでした。入場料だけでも5800円(今回、割引で4800円になりましたが)とかなり高いかなと思いましたが、しょうもない遊園地でも2000円以上取られることを思うと、こんなもんですかね。中のアトラクションや乗り物は一切無料ですし、1日遊んでいたから、元は取ったでしょう。
 数年前に利用者の付き添いで来たことがあって、もう来ることないかなと思っていたのですが、来てみると結構面白い。今はハロウィーンムード一色でスヌーピーのぬいぐるみも可愛かったです。パレードやショーも楽しかったし、アトラクションもなかなか面白かったです。
080912usj4 ジェットコースターはもうごめんですね。あんなに下りが急なジェットコースターは乗ったことがありません。心臓に悪いです。 最後はピーターパンのショー、かなり見えにくくて残念だったけど、とても華やかでした。
 ユニバーサルスタジオジャパンは、遠い様で、車なら小1時間で行けるので、また、たまには来ても良いですね。ディズニーランドからは見劣りしますが、愛知万博よりは断然楽しい。

| | Commenti (1)

14 settembre 2008

十五夜

 今日は十五夜だそうです。ウサギが餅ついていたり、かぐや姫が住んでいると思われていた頃の方が夢があったかも…。
 私が思い出すのはアポロ11号です。1969年7月21日の早朝、3時前に父に起こされて一緒に月面着陸を見ました。あれから、40年近く経っても、あれ以上の感動や驚きはないですね。火星にでも人が降り立つ時代が来るかと思っていましたが。
 ちなみに完璧よりも少し欠けたものを好む日本人は十五夜よりも十六夜の月を好むそうですね。

080914

|

21 giugno 2008

新旧交代

080621rac1 本日、無事、新しい相棒が来ました。雨だと嫌だなと思っていたけど、その時間帯は大丈夫だった。
 ピカピカで触ると指紋が付いてしまうんじゃないかと思うくらい…。思っていたより大きい。中も広くて、少し頭をかがめれば立てるくらい。
 13時にディーラーへ行って、説明を聞き、書類に記入・捺印。そして、新旧の相棒の写真を撮り、プントとはお別れとなりました。8年半、ありがとう。
080621rac2 その後、70km程、走って来た。新車のにおいは良いものだ。でも、ずっと、こもっているとちょっと頭が痛くなったけど。新しい車は静かだし、馬力もあるし、走りやすいです。
 やっぱりトヨタにして良かったなあと思う。元々、トヨタが良いと思っていたし、マニュアル車がないからと言って他のメーカーにしていたら、後悔していた気がする。
080621rac3 クラッチとフットサイドブレーキを間違うことはなかったけど、指示器とワイパーは気を付けていても何度か間違ったし、ドライブとバックの間違いも1回あった。
 最後に無理入って付けて貰ったディスチャージライトは昼間だったので、試せなかったけど、どのくらい明るいのかなあ。楽しみだ。
 今度はプントの様に後悔しない様、たくさん乗ってあげたい。

| | Commenti (2)

20 giugno 2008

いよいよお別れ

080620punto1 いよいよ、明日、新車納入。8年半お世話になったフィアットプントともお別れ。イタ車ともお別れ、30年以上乗り続けたミッション車ともお別れだ。
 今までの感謝を込めて最後は綺麗にしてあげてお別れしようと、洗車に行って来た。どうせ人手に渡るのに、最後にお金を払って洗車するというのも、車を生き物の様に捉え、ドナドナの気分になる日本人特有のものらしい。
 そこまで言うなら自分で洗えば良いのだが、綺麗に洗えないし、いつもここのGSで定期的にポリマ洗車をお願いしていたので最後もお願いしたのだ。
080620punto3 プントはお洒落な車だった。内装はイタ車らしく豪華な感じ。スポーツ仕様というのもあるからかな。
 初めて出会った時の嬉しさを思い出すと、ちょっとしんみりする。98年のシチリア旅行で借りたレンタカーがフィアットだったので、乗ってみたいと探したのだった。前の車の車検を1年間違えて、車検1年残しての購入だった。
 買った翌日に、大阪ロイヤルホテルの駐車場でバッテリー上がり。業者が来るまで2時間も待たされた。ミラー破損した時は国内にないとかで、1ヶ月もミラーなしで走った。おまけに修理代が8万円。昨年夏にはエアコン故障、5日間神戸空港の駐車場に置いてあったらエンジンがかからなくなった。
 本当に、維持費のかかる車だったが、楽しませてくれる車だった。トヨタの車は楽しいというよりは安定感のある車だろう。まあ、年齢的にも安定を求める様になって来たのかも知れない。

080620punto4

|

12 giugno 2008

潮干狩り

 仕事で潮干狩りに行って来た。いやあ、潮干狩りなんて、何年振りかなあ〜。多分、小学校の遠足以来だと思う。小学校の時は姫路の的形というところだっただが、何故か、ウチの職場は毎年、龍野の新舞子というところへ行っている。遠い〜。
 朝のウチは少し曇っていたが、天気は快方に向かい、着いた頃には青空も広がり、さほど暑くもなく、実に気持ちの良いお天気だった。
 昔と違ってなかなか採れなかったが、去年よりはマシでチラホラと採れた。みつけた時って嬉しいもんだなあ。袋いっぱい採っている凄腕の主婦グループもいたが。
 なかなか楽しい1日だった。

080612

|

27 aprile 2008

好天に誘われて

080427fiat500 今日は夜勤明け、ゆっくり寝ようと思ったが、絶好の天気で寝るのが勿体ない。と言うわけで、最近、試乗好いているので、買う気はないが、一度、フィアット500に乗って見ようと思い立った。
 すぐさまディーラーに電話したら、今からでも試乗出来ると言う。私はこのディーラーの顧客なので問題ないよな。一応、「購入予定はないが500に乗ってみたいが良いか?」と確認を入れる。当然のことながら快諾してくれた。
 ディーラーのアルファロメオ神戸西迄、車で20〜30分、丁度良いドライブだ。この営業所はいつ来ても斬新であかぬけた感じがする。駐車場にプントを停めていると、黒いスーツを来た営業マンが飛び出して来て誘導してくれる。
 駐車場には白い500が鎮座していたが、「中にも展示車がありますよ」とのことで、一応、ショールームに入って見せて貰う。外観は小振りでちゃちい気がするが、内装は流石はイタ車。まず、驚いたのがハンドルが本皮。しかも黒じゃなくて白と言うのが、お洒落。シートもツートンで凝っている。この辺り国産車との差を感じる。
 そして、いよいよ、500の試乗。まずは営業マンが運転して、途中で替わる。一応、オートマなのだが、マニュアルに替えると、+と−でクラッチなしでギアチェンジ出来る。クラッチがないとギヤチェンジのコツがイマイチ解らないが、単なるオートマ車よりは断然面白い。
 エアコン、オーディオもレトロでちょっと風変わり。行けてる。ただ、営業マンも言っていたが、高速走行したり、長距離走る場合は私のプントスポルトの方が力を発揮するらしい。街中を細々走る時に500は良いらしい。
 確かに遠出には軽のしんどさがなきにしもあらず、プントの方が良いなと思った。この車に220万出すのはちょっと考えられないが、プント同様、走る楽しさは持たせてくれそうな、やはり同じイタ車だなと感じる車だった。これが100万なら買うかも…。この車なら、プントを手放すことも寂しくないかなあと思った。
 500には気になる何かがある。一度は乗ってみたいと思っていた500に乗れて、一瞬だったが楽しい時間だった。

| | Commenti (2)

12 marzo 2008

運動不足解消?

080312wiifit 何とか少しでも運動不足解消になるかなあと思い、ついに買ってしまいました。wii fit。歩行好きの事務員さんに「家の中で運動不足解消するんかいな」と笑われましたが…。
 Amazonに注文していたのが、今日、届いたので、早速、やってみようと思ったら、暫くwiiつけてないので、リモコンの電池切れ。
 近くのコジマまで車でひとっ走り電池買いに行って来て、さあ、やろうと思ってスイッチ入れたら、長いことつけてなかったので、本体を更新するのにかなり暇がかかりました。
 そして、やっと出来ました。体力測定は実年齢より6歳も上、太りぎみ(太りすぎじゃなくて良かった)でした。
 ビリーも1週間でリタイア、さてwii fitはいつまで続くでしょうか?

|

より以前の記事一覧