11 agosto 2010

ポーアイの休日

100811oriental 何ヶ月かに1度、会う元同僚と、今日は、盆の最中と言うことで、遠出はやめて近場で過ごすことにしました。
 昼食はメリケン波止場にあるホテルでランチしたんですけど、これにアイスクリームと、単品のコーヒーを頼んで、4000円越えは高い!!まあ、ホテル料金かな〜。ランチの設定で、もっと安いのないかと思って行ったんですけど。それにまんの悪いことに団体客とかち合ってしまったのでした。どこへ行っても団体って迷惑な存在だ。
100811pranzo
 で、昼食後はポーアイ(ポートアイランド)へ移動して、一度は行ってみたかった神戸花鳥園へ。ここ面白い!入った途端に、ふくろうが一面にお出迎え。一緒に行った同僚は、鳥が嫌いらしいが、私も鳩とか嫌いだけど、ふくろうは可愛いです。何とも言えない雰囲気がありますね。ふくろう。飼いたいわぁ。家で。
100811katyoen3
 そして、エントランスとなるふくろう館を出ると、ペンギンが…。この炎天下に屋外でペンギンって、大丈夫なんかな〜。「鳥みたい〜」「ペンギンは……鳥でしょ?」「飛べるんですかね?」「ペンギンは飛べないよ」という、志村どうぶつ園でお馴染みになった真央語録を思い出しながら、次の館へ入ると、花が一面に咲いていました。天井からも吊されたいて、とても奇麗。下に置かれているものは売り物の様です。
100811katyoen1
 続いて、睡蓮の池を通って、オウム、インコの部屋に入ると、色鮮やかで可愛らしいコガネメキシコインコがいました。オレンジ色がとても奇麗でした。人慣れしていて、客の手からも餌を食べていました。
100811katyoen2
 更に進むと、花鳥園のチラシなどでよく見かけるオニオオハシがたくさんいました。くちばしのオレンジ色が印象的な鳥で、これまた人慣れしていて、お客の腕や肩に乗っていました。可愛いなあ〜。
100811katyoen
 最後の部屋では、エントランスのふくろう館から、出張して来たふくろうが、数羽展示されていました。体に水を掛けられると、羽を広げて喜びを表すんです。その姿は少し、鷲に似ているかも。ふくろうって肉食系らしいので、獰猛なんですかね?
100811katyoen7
 普段はガラ空きという花鳥園。今日はお盆休みもあってか、結構な人出でした。遠出出来ない家では子どもを連れて来るのに、ちょうど良いとこかも知れません。
 ところで、JAFのカード見せたら、入場料が1割引きになるのは良いのですが、問題は駐車料金。1時間は無料になるとこ迄は良いのですけど、そのあとは時間制じゃなくて、一律500円らしいんです。つまり、1時間で出て来なければ、割引きはあってもなくても一緒ということです。これって詐欺みたい。オーバーした時間、いくらなら解るけど。
 花鳥園を出たあとは一度行きたかったIKEAに行きました。もっと、すごい家具屋を想像していたら、大きめのホームセンターの様な感じで、ちょっとがっかり。でも、欲しかった床頭台が安かったので、買って来ました。
100811ikea 展示商品には全て番号がついていて、それを控えておき、最後にセルフコーナーと言う巨大な倉庫から、その商品を探し出して、レジに行くという方式です。番号を控えるメモ用紙があるのですが、私は携帯で写真を撮っておきました。他にもそんな人、他にもいました。セルフコーナー、巨大過ぎて、一瞬、引いてしまいました。
 そして、ポーアイでの休日の〆は、神戸空港の喫茶室でお茶したんですけど…。夕方って、飛行機、全く飛んでないんですね。これもJAL撤退の影響かな〜。当然のことながら、飛行機利用する時に空港に来る時は、飛行機いっぱい停まっているので、こんな神戸空港は寂しもんですね。これで、スカイマークが撤退したら、ほんと、但馬空港になってしまうな〜。
 ポーアイだけでも十分遊べた1日でした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

04 gennaio 2010

春から縁起が良い

 mixiの気軽さから、mixi主体になっていて、ブログは殆どご無沙汰だったのですが、「更新して」という知人からの声もあり、今年は少しは更新しようと思いますので、また、宜しくお願いします。
100104_01 今日は眼科の定期受診に行って来ました。何と!市民病院で待ち時間0。予約時間より10分程早く着いたのですが、すぐに名前が呼ばれて視力検査。終わるとすぐ診察から名前を呼ばれました。着いてからお金払って出る迄、30分もかかりませんでした。午後の予約だったこともありますが、これって新春早々、ついています。
 街に出たついでに初詣に。神戸では長田神社、湊川神社、生田神社というのが3大神社かと思います。病院は長田神社の近くにあり、今日はその後三宮(生田神社は三宮にある)に用事があって行ったにも関わらず、途中駅の高速神戸で降りて、わざわざ湊川神社へ行って来ました。 電車代一区分無駄になりますが、こだわりです。 我が家は子どもの頃から、初詣は楠公さん(湊川神社)だったので、未だに楠公さんじゃないとダメなんです。
100104_2 今日はお天気も良く暖かくて良い初詣日和でした。露店もいっぱい出ていたし、人出もそこそこいて、気分も初詣気分。お賽銭10円入れて、思い切りお願いごとして来ました。
 ◆願いごと「のぞみのまま」らしいです。◆旅行「よろしいが連れの人に注意することです」私、ひとり旅なので、関係なし。◆学問「励む程報われる」そうです。◆方向「特に東と南が良い」そうです。◆縁談「多くて困ることがあります」だそうです。どうしよ。
 そして、神社の縁日と言えば、これ。ベビーカステラです。これを食べないと気分が盛り上がりません。300円で結構入っていて良心的でした。熱々で美味しかった〜。
 長田と三宮にも行ったということは、考えて見たら、三神社詣でも可能だったワケですね。でも、楠公さんだけで、十分だわ。
100104_3 私はついでにしか初詣に行かないので、お正月に初詣に行ったのは久しぶりです。その後、三宮に用事があって行ったら、駅前で献血の呼び込みをしていました。この間の失礼極まりない扱いに2度と献血するかと思ったけど、趣味のひとつみたいなところもあるので、この駅前の献血ルームじゃなくて、以前からある少し離れた献血ルームへ行きました。ここの問診医の先生、とっても良い感じの先生でした。前回の駅前の高慢な女医とエライ違い。
 でも、結局、また、比重が足りず献血出来ませんでした。残念。成分献血も血管が細過ぎるから無理みたいです。取りあえず、レトルトのカレーと瓦せんべいを頂いて帰って来ました。これからはこちらの献血ルームにしよう。
 なかなか、春先から気分の良い年の始まりでした〜。

|

05 aprile 2008

ささやかな花見

080405okusuma1 昨日は施設のお花見だったが、私は夜勤だった為参加出来なかったので、今日、退勤後、ひとりでお花見に行って来た。関西では漸く見頃となったが、まだ6〜7分咲きと言うところだった。
 職場の施設から歩いて10分くらいのところにある奥須磨公園。なかなかの穴場だ。30〜40年前は四ツ池といって池が4つあるだけの薄暗い場所だったが、今は神戸市が整備して立派な公園になっている。
 今日は土曜日でお天気も上々で人出も多かった。写真を撮ったあと、暫くベンチに座って花を愛でる。気温も暖かで風も爽やか。あちこちでお弁当を広げている姿が目に付く。私も幕の内弁当でも食べたくなるくらい桜は綺麗であった。
 昼が近くなると人はどんどん増えて来て、鬱陶しくなって来たので、引き上げて来た。今年の花見はこれで良いかな。

080405okusuma2

|

05 dicembre 2007

休日の1日

071205mintkobe 三宮の街に出るのは1年ぶりくらいかなあ。なんせ出不精なもんで[m:206]。職場の共済で貰った映画のタダ券が12月いっぱいなので、見がてら出掛けた。
 震災後、新聞会館跡に出来たミント神戸。一度、行ってみたいと思いつつなかなか行けず、やっと今日行ってみた。なかなかお洒落で良い感じ。歩道橋で繋がっているサンパルが汚く、くすんで見える。明るくて奇麗で全館禁煙で、平日の昼にも関わらず客も多い。神戸にもこんな奇麗なビルがあるんだなあ。
 映画を見るのともうひとつの目的は、この中に入っている「モード和食WADA」というレストランに行ってみたかったのだ。テレビで良く取り上げられていて関心を持った。もっと、敷居の高い店かと思っていたが、ひとりでも入りやすい雰囲気だし、ランチは値段もリーズナブル。ちょっと昼食に入れる。従業員は若く、若者に受けそうな店だが、客は年輩の女性も多かった。また、行きたいと思う店だ。
 その後、ミント神戸9階にあるOSシネマズ ミント神戸へ映画を見に行った。最近は入れ替え制で座席指定になっている様だ。「続・3丁目の夕日」を見たが、日本映画もなかなか面白い。字幕を読まなくて良いので楽だし[m:206]。
 1959年の東京が舞台ということで、懐かしい町の風景が郷愁を呼ぶ。高速道路もなく、新幹線もまだ走っていない。在来線を走る「こだま」が出ていたが、東京−神戸間をどのくらいの時間をかけて走っていたのだろうか。停車駅は横浜、名古屋、大阪らしいから、今ののぞみより余程停車駅が少ない。薬師丸ひろ子がすっかりおばさんになっているのも衝撃(でも、奇麗けど)。私の中では、いつまで経っても「セーラー服と機関銃」のイメージだったので[m:60]。
 ミント神戸は寂れがちな三宮駅の東側へ客の流れを向ける役割になっているる様な気がする。

| | Commenti (6)

03 gennaio 2007

南京町のお正月風景

 今日は父と妹一家と一緒に会食。元町の南京町に出掛けた。やはり、正月。この人混み。しかし、旧正月はもっと凄いらしい。
 長崎、横浜の中華街に比べると、かなりこぢんまりとしている神戸の中華街だが、このこぢんまりさが私は一番好きだ。

070103

| | Commenti (0)

12 ottobre 2006

小さい秋みつけた

 きんもくせいの香りがどこからともなく流れて来る様になった。 
 今日は職場の利用者の付き添いで、しあわせの村に行ったので、秋探しをしてみた。しあわせの村とは1980年(だったかな?)に神戸市が、北区の南端に作った巨大な福祉ゾーン。10年前まで、私もこの中にある施設で働いていた。
 紅葉にはまだ早かったが、あちらこちらに小さい秋がいっぱい見つけられた。
 明日は施設の運動会…。

061012_1

061012_2

| | Commenti (0)

27 settembre 2006

のじぎく国体

 そろそろ、コスモスも見頃になったかなと近くの総合運動公園(スカイマークスタジアムのある駅)にあるコスモスの丘に行って来た。コスモスが咲いていなくても、国体前の雰囲気が撮れるかなあと思って。車で6〜7分なのだが、車は駐車場に入れるしか停めるところがなく、500円の駐車料金が…。 

06092705
<ユニバー記念競技場までの道>
06092706
<スカイマークスタジアム>

 駐車場を出ると、国体一色の風景が広がっていた。もうすぐ兵庫県でのじぎく国体が開かれるのだ。単純に考えても半世紀に一度しか廻って来ないってことは、前回、兵庫で開催されたのは私が生まれた頃?次に開かれる頃にはもう生きてないかも…。
 総合運動公園の駅からユニバー記念競技場までの道に植えられた木には、マスコットのはばたんが付けられている。早実の斉藤君が出場するということで、はばたんが飛ぶ様に売れ、今や品切れ状態だとか。
060927habatan1
<木にはいっぱいはばたんが…>
060927habatan2
<県立農業高校作・松ぼっくりで出来たはばたん>

 ユニバー記念競技場横の坂道を登り切ると冒険の国があり、そこから下る一面がコスモスの丘なのだが、やはり予想通り、殆ど咲いていなかった。関東では満開らしいのに、何でこんなにちがうんだろう。しかも、まだ、整備も途中なのか倒れ放題、間引いた茎は放置しっぱなしで、何か汚い。きっと国体には間に合う様に整備するのだろう。それでも、何とか咲いていそうな花を寄って撮ってみた。
06092701
<コスモスの丘はご覧の通り>
06092702
<それでも何とか咲いているところを探して>

 この辺り、名谷を過ぎると地下鉄は地上に出るので、この辺りは地下鉄が走るのが見える。コスモスが満開になったら、地下鉄をバックに入れて撮ってみたいものだ。国体が終わるのが10月14日、その後くらいに、また、撮りに来よう。
06092703  06092704

| | Commenti (4)

30 giugno 2006

事故現場

060629aina 昨日、未明に阪神高速北神戸線で、カーブを曲がり切れなかった乗用車が、ガードレールを突き破り、高速下の駐車場でバウンドした上、神戸電鉄の線路を越えてその向こうにある竹林に落下したという事故があった。
 最初の報道の映像では五社の辺りかと思っていたが、藍那インター辺りということで、今日、六甲山へ行く時に、回り道をして落下現場を通って見た。バウンドした駐車場には花束が供えられていた。
 写真の右から左へ向かって走っていた車が、右端から飛び出して、左下にある駐車場でバウンドして神戸電鉄を越えたらしい。
 私も、昔、夜中の六甲北有料の対向車線を100km/hで走っていたことがある。そこまで、4車線の道を走っていた為、追い越し車線だと勘違いしていたのだ。対面通行なので、分離帯もなかった。今思っても、よく対向車がなかったものだと胸を撫で下ろす。もし、対向車が来ていたら、命はなかったと思う。
 自動車は便利なものだが、ひとつ間違えば凶器ともなる。運転する時はそれを肝に銘じておかなければならない。

| | Commenti (0)

29 giugno 2006

森林植物園のあじさい

 三田のあじさい園があまりに悲しかったので、今日、神戸市立森林植物園へリベンジに行って来た。ここは福祉施設御用達みたいな公園。神戸市の障害者は介助者共に無料になるのだ。今日も園内には養護学校や老人ホームから遠足に来ていた。
060629ajisai2
 私も、今まで何度となく、森林植物園には来ているが、プライベートで来るのは初めて。生まれて初めて入場料を払った。駐車料金一律500円、入場料300円で800円必要だが、かさやあじさい園の400円よりは余程安いと思う。

060629ajisai1

 行く前に電話で開花状況を尋ねたら、「奇麗ですよ」と言うので、行ったのに、ヒメアジサイはまだ6〜7分咲きであった。だからわざわざ尋ねたのに。
 まあ、それでも、奇麗に整備された園内は流石。枝の折れた様な紫陽花はない。踏みたくられた様な紫陽花もない。多くの人が、花を愛でながら散歩したり、撮影会をしたりしている。
060629ajisai3

 ヒメアジサイが満開になり、色づいた時の園内は、それは見事だ。見頃は7月中旬かな。もう一度、リベンジするぞ。

| | Commenti (0)

12 giugno 2006

あじさい

060612rokko 施設の利用者を連れて、六甲山森林植物園へ行って来た。あじさいの名所で、満開の時には本当に美しいのだが、まだ、時期尚早だった様だ。残念。
 利用者7人が山道を歩く姿を見て、一緒に行った若手職員に「『あゝ野麦峠』みたいだね」と言うと、「何ですか?それ」と言われた。「ええっ?知らんの?『あゝ野麦峠』。女工哀史。大竹しのぶが主役で…と言っても待ったく知らない様子。施設に帰ってから、他職員に聞いてみたが、知らんという職員が絶対多数。こんな有名な話、知らないんだ。知っているのは私と同世代職員だけ。
 車の中では、70年代の歌が好きな利用者の為に、私のiPodをカーステに繋いで、曲を流してあげたのだが、中に天地真理の曲があった。天地真理と言えば、ファンの夢をぶち壊したNo.1タレントだと思うが、一緒に行った若手職員は、昔の天地真理を知らないらしい。なら、今の不細工で品位もなくなってしまっている天地真理をどう見ているのか尋ねてみたら、コメディアンだと思っていたらしい。コメディアンねえ。天地真理と同い年の風吹ジュンはとても素敵に年を取ったし、私がファンに今陽子さんもとても50代とは思えない素敵である。良かった。コメディアンと間違えられなくて(^_^;)。

| | Commenti (2)

より以前の記事一覧